GIBSON J-45 SB 1967年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

貴重な拓郎イヤーのサンバーストJ-45!!ブリッジ交換の為、格安でのご提供です!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤に残してきたギブソンを代表する人気モデルJ-45。その長い歴史の中で数々のマイナーチェンジを繰り返しながら、今なおギブソンの顔として人気の衰えないJ-45ですが、それぞれの年代、それぞれのスペックに色んな魅力があるからこその長寿モデルと言えるでしょう。今回入荷は67年シリアルのサンバースト・フィニッシュの個体。67年のブラウン・サンバーストはかの吉田拓郎さんの愛器としてあまりにも有名で、67年シリアルのサンバーストJ-45はその他年式よりも高く取引されています。今回入荷の個体は、ブリッジが固定ブリッジに改造されているため、相場よりはかなりお安めでのご提供です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板、エボニー・ブリッジ(リプレイス)、実測39.6mmナロー・ネック、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。サンバーストのカラーリングもかなり深いタバコ・サンバーストで、拓郎さん所有のJ-45に近いルックスかと思います!

サウンドはブリッジを改造した甲斐あってバウンバウンと気持ちよく鳴ってくれます!ハイからローまでのバランスも良く、アジャスタブル・ブリッジにありがちな鼻づまり感も無く、ストレスなく気持ちよく抜けてくれます。逆に言うと60年代後半の独特のクセの強さは薄まっていますが、このルックスでより汎用性の高いサウンドが欲しい!なんて方にはぴったりかと思います。とは言え、近年物のリイシューのようなサウンドともまた違い、長い年月を経てこその枯れ感や反応の良さも出ていますので、やはりビンテージ・サウンドには変わりありませんね。フラットピックで掻き鳴らせば、腹に響いてくるようなパワフルで粗削りなギブソン・サウンドを奏でますし、フィンガーで爪弾いてもアジャスタブル・サドルのようなショート・レンジのサスティーンではなく、充分なサスティーンと倍音感を伴ったサウンドが得られますので、ビンテージでありながらより汎用性の高いサウンドをご堪能頂ける事と思います!昔はこの手のブリッジ交換物も良く出回っていたように記憶していますが、最近では逆にあまり見かけませんね。しかし後付けでピエゾPUを仕込みたいと考えているプレイヤーも実は多いんじゃないかと思います。そんな方にはサウンド良し、加工性良しのドンズバな1本かと思います!

楽器のコンディションは、上記ブリッジ交換の他にもキズや使用感、経年感などもありますが、トータルで見ると、この年式のビンテージとしてはまずまず綺麗なコンディションを保っています。ボディー・トップには全体的に細かいウェザーチェックが入り、PG周辺にはピッキングに因る塗装剥がれなどもありますが、キズの類は少なめで、貫禄ある佇まいになっています。SIDE&BACKにも全体的にウェザーチェックが入り、小キズは散見出来ますが、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。ネックは長年の使用で塗装が剥がれている箇所があり、指板面は凹みを修正した修理跡も見て取れますが、こちらもビンテージとして考えれば特に気にならないかと思います。指板などはいくらか凹んでいてもそのままの物の方が多いですから、プレイヤビリティーを考えれば、むしろ有難い修正跡かと思います。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットは擦り合わせされ、いくらか低くはなっていますが、全体的にオリジナル時の7割程度の高さは残っていますので、まだ当分はリフレットの心配も無いでしょう。

拓郎ファンの方のみならず、サウンド重視のプレイヤーにも是非オススメのお買い得な逸品です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:090362