GIBSON J-45 SB 1968年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

人気のサンバースト・フィニッシュ!!ゴリゴリのギブソンAdj.サウンド!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のプレイヤーから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤の中に残してきたギブソンを代表するワーキング・ホースJ-45。音楽環境や時代の流行り廃りに合わせて、その時々で数々のマイナー・チェンジを繰り返してきたJ-45ですが、それぞれの時代のサウンドやスペックにはそれぞれの魅力があり、ひとつのモデルとしてくくる事は難しい、バリエーションに富んだサウンドとルックスを持っています。今回入荷は最もクセの強いとされる60年代ナロー・ネック期の1本。ハカランダ・サドルでロー&ミッドのパンチが効いた個体です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、ハカランダ・アジャスタブル・サドル、実測40.3mmナロー・ネック、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。カラーは67年途中から変更になった人気のサンバースト・フィニッシュ。このサンバースト・フィニッシュも茶色っぽいバーストと外周がほぼ真っ黒なバーストが存在しますが、今回入荷の個体は前者です。

サウンドはこの年代特有のパーカッシブで切れの良いアジャスタブル・サウンド!短めのサスティーンでジャリジャリザクザクと心地よいカッティング・トーンを響かせます。特に今回入荷の個体はハカランダ・サドルという事も影響してか、ロー&ミッドの出が良く、ゴリゴリの野性味あふれるサウンド。そこにアジャスタブル・ブリッジならではのチャリチャリと鳴る高音が絡み、この年代のこのスペックでしか味わえない唯一無二のサウンドをご堪能頂けます!最近ではアジャスタブル・サドルもリプレイス物が色々と発売されていますので、何種類か手元に置いて、気分や演奏スタイルによってサドルを交換するなんてのもこのモデルならではの楽しみですね!

楽器のコンディションは、いくらかの補修歴等ありますが、ヘッドの角なんかは比較的綺麗に残っていてまずまずのコンディションを保っています。まず修理歴としては、ボディー・トップのブ6弦側ブリッジ下に12cmほどのクラック修理があります。また、逆にボディー・エンド部から上に向けて、1、6弦側共に10cmほどと12cmほどのクラック・リペアーがあります。それぞれのクラックはしっかり接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありません。見た目もそんなに汚れは入っていないので、ウェザーチェックに隠れてあまり目立ちません。指摘されなければ気付かないくらいに綺麗に修理されています。ボディー・バックにはいくらか塗装負けがあり、部分的にタッチアップされている箇所がありますが、こちらはビンテージとして見て気になるほどの事でも無いかと思います。その他はボディー・トップのPG脇にやや目立つ打痕が有ったり、全体的にびっしりとウェザーチェックが入っていたりしますが、ビンテージとして考えて、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。この年代のみに入っていたピックガードのギブソン・ロゴはほぼ完全に消えてしまっています。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度にセッティングしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットはリフレットされてからまだ間がないようで、充分な高さが残っています。

パワフル且つ切れのあるアジャスタブル・サウンドを是非ご体感ください!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:340148