GIBSON J-45 SB 1969年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ラウンド・ショルダー最終年の69年製J-45!!バランスの取れたサウンド!!

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のプレイヤーから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤の中に残してきたギブソンを代表するワーキング・ホースJ-45。音楽環境や時代の流行り廃りに合わせて、その時々で数々のマイナー・チェンジを繰り返してきたJ-45ですが、それぞれの時代のサウンドやスペックにはそれぞれの魅力があり、ひとつのモデルとしてくくる事は難しい、バリエーションに富んだサウンドとルックスを持っています。今回入荷は最もクセの強いとされる60年代ナロー・ネック期の1本。ハイからローまでバランスよく小気味よいサウンドを響かせる個体です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、セラミック・アジャスタブル・サドル、実測39.5mmナロー・ネック、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。カラーは67年途中から変更になった人気のサンバースト・フィニッシュ。このサンバースト・フィニッシュも茶色っぽいバーストと外周がほぼ真っ黒なバーストが存在しますが、今回入荷の個体は前者です。

サウンドはザクザクと鳴る小気味よいアジャスタブル・サウンド!通常セラミック・サドルだともう少しトレブリーなサウンドになるように思いますが、こちらの個体はロー&ミッドの出も良く、ハイからローまでバランスの良いサウンドを奏でます。そしてサスティーンもアジャスタブル・ブリッジにしては音の減衰が遅く、充分なサスティーン感があります。ちょっとノーマル・サドルを弾いているようなバランスの良さですが、フラットピックでかき鳴らせばアジャスタブル・ブリッジの本領発揮!ザクザクジャキジャキと小気味よいカッティングトーンを響かせます。フィンガーで爪弾いても、アジャスタブルとは思えないような自然に伸びるサスティーン豊かなサウンドが得られますので、通常のアジャスタブルよりもより汎用性の高いオールマイティーなサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは年式なりのキズや使用感、修理歴などがあります。ボディー・トップのブリッジ下、1弦のピン下辺りからボディー・エンドまで、一直線にクラック・リペアーがあります。現在はしっかりと接着され、裏からは補強のクリートが打たれていますので、今後お使いいただくには強度的な心配はありません。修理するまでにいくらか放ったらかしにされていたのか?クラック部には汚れが入り、黒い筋になっていますので、見た目はいくらか目立ちます。その他には、サウンドホール周りにピッキングに因る塗装の剥がれが少しあり、小キズやウェザーチェック等も散見できますが、ビンテージとして見て気になるような箇所は無いかと思います。オリジナルのクルーソン・ペグは4弦のシャフトが少しだけ曲がっていますが、操作性は悪くありません。ヘッドの角もこの年式にしてはかなり綺麗に残っている方なので、上記クラック・リペアーを除けば、まずまずのグッド・コンディションと言えるでしょう。エンドピンはオーバー・サイズの物にリプレイスされています。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度にセッティングしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットはリフレットされてからまだ間がないようで、まだ充分な高さが残っています。

修理歴ありとは言え、弾くための楽器としてはきっちり調整の行き届いた1本!サウンド重視のプレイヤーに大プッシュのお買い得な1本です!

ケースはオリジナルのチップボード・ケースが付属します。

SN:558650