GIBSON J-45 Standard 2016年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

J-45スタンダードの2017年仕様の2016年製が入荷しました!!(笑)

1942年に生産が開始されて以来、いつの時代も数多のプレイヤーから愛され、その時々のサウンドを数々の名盤の中に残してきたギブソンを代表するワーキング・ホースJ-45。音楽環境や時代の流行り廃りに合わせて、その時々で数々のマイナー・チェンジを繰り返してきたJ-45ですが、それぞれの時代のサウンドにはそれぞれの魅力があり、ひとつのモデルとしてくくる事は難しい、バリエーションに富んだサウンドを持っています。今回入荷は基本的には50年代初期スペックに近い2016年製のJ-45スタンダード。現在一番売れているアコギの1つであることは間違いの無い、現代のスタンダード中のスタンダード・モデルです!

シトカ・スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測44mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。チューニングの安定性を優先させたグローバー・ペグやL.R.BaggsエレメントVTCピックアップ標準装備で、現代の音楽シーンでもすぐに活躍できる配慮がされた名モデルです!そして今回入荷の個体は、製造年は2016年ですが、2017年バージョンになっていて、ヘッド裏には2017の刻印が入ります。確かトラスロッド・カバーにも2017の刻印があったと思いますが、、、今はプレーンのトラスロッド・カバーに交換されています。この2017年仕様、確かロールエッジド・フィンガーボードというのが売りで、それまでの指板に比べ、指板のエッジを丸く丸めて握り心地を向上させたというもので、それを理由に値上げしたと記憶しています。しかし握った感じは、、、私のような鈍感な手の持ち主にはイマイチ違いが判りません(笑)。。

サウンドはギブソンらしいザクザクとした荒削り感を伴ったパワフルでラウドなサウンド!ちょっと重たいグローバー・ペグのお陰で中低音の出も良く、ドワンドワンと胴を震わすような中低音にギブソンらしいエッジ感のある高音が絡みます。特に今回入荷の個体は高音のエッジ感がきつめで、かなりジャリジャリとギブソン特有の荒削りで攻撃的なサウンドを響かせます。フラットピックで掻き鳴らせば、ギブソンらしい適度に暴れるパワフルなサウンドが得られますし、近年物のリイシューはスキャロップ・ブレーシング構造で、適度なサスティーンも得られますので、フィンガーで爪弾いても充分なサスティーンが得られ、マホ・ボディーらしいクリアーなサウンドをご堪能頂けます。またL.R.BaggsエレメントVTCピックアップ搭載でライブやレコーディングにも即戦力です!

楽器のコンディションは、大きく派手に目立つようなキズはありませんが、普通に使われてきた事が窺えるちょっとした小キズはそこそこ有ります。ボディーは全体的に米粒大にも満たない程度のポチキズが点々と付いていて、ピッキング跡やちょっとした擦り傷も確認出来ます。ネック裏は綺麗なもんですが、ヘッド・トップには弦を引っ掛けたようなすり傷や引っ掻き傷がいくらか確認出来ます。全体的にまぁまぁ普通の中古品って感じなので、キズは許せないという方には不向きかも知れませんが、取り立てて気になるようなキズは無いかと思います。

ネックはアングル調整済みで真っ直ぐストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.1mm、1弦側1.5mm程度とかなり低い弦高セッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますが、さすがにこれ以上弦高を落としたいという人も居ないでしょう。ストローク中心の方なら逆にもう少し弦高を上げた方がパンチのある音が出て良いかと思います。フレットは6フレットまでリフレット済みで、現状新品時の高さに戻っていますので、今後長年弾き込んで頂くにも安心です。

今やワールド・スタンダードな人気モデルをお求めやすい中古プライスで是非!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:11736051