販売済GIBSON J-50 2001年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

がっつり弾き込まれた分、豪快に鳴る個体!!人気の旧代理店時代のJ-50の入荷です!!

J-50はJ-45のナチュラル・フィニッシュ・バージョンとして1942年に発表され、1947年頃から本格的な生産が始まります。J-45と並んで多くのミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数多くの名盤に残してきたギブソンを代表するもう一つの顔です。J-45同様、その時々の流行り廃りに合わせて様々なマイナー・チェンジが行われてきたJ-50。それぞれの時代のそれぞれのスぺックから成るサウンドにはそれぞれの魅力があり、一つのモデルとして括るには難しいバラエティーに富んだサウンドがあります。今回入荷は2001製の個体。ギブソン・ファンからは未だに根強い人気を誇る旧代理店時代の1本です!

シトカ・スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、スキャロップ・ブレーシング、実測44mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。ワン・リングにラージ・ガードと言う1955年~62年頃までの一番人気の高いルックスを再現したモデルです。ボディー内のインナー・ラベルはホワイトでは無くオレンジのオーバル・ラベルってとこもプチ・ポイントですね!

サウンドはゴキゲンなギブソン・サウンド!ザクザクと気持ちよく鳴ってくれます。バウンバウンと弾むようなローにコンプ感のあるミドル、チャリンチャリンとした艶がありながらも短めのサスティーンがいかにもギブソンらしいハイなどが混然一体となり、力強くも軽快なJ-50サウンドを響かせます。フラットピックで掻き鳴らせば、ギブソンらしい適度に暴れるサウンドで、パワフル且つ豪快に音が抜けてくれますし、フィンガーで爪弾いてもスキャロップ・ブレーシングによる適度なサスティーンと倍音感を伴ったサウンドが得られますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、あらゆるプレイでギブソンならではのJ-50サウンドをお楽しみ頂けます!また、こちらの個体には後付けでフィッシュマンのインフィニティー・ピックアップが搭載されていますので、ライブやレコーディングにも即対応可能です!

楽器のコンディションは年式なりのキズや使用感、経年感や修理歴などありますが、弾く為の楽器としてはコンディション上々です。まず修理箇所としては、ボディー・サイドの6弦側のウエスト部付近からエンド部近くまで、約35cmほどの長いクラック修理があります。恐らく横から何らかの力が掛かって割れてしまったのでしょう、1本の黒い筋に見えますが、クラック自体はしっかり接着されていますので、今後お使い頂くには不安はありません。また、その際に出来たのか?使い込んで剥がれたのか?は不明ですが、6弦側の弾く時に丁度腕で擦れる辺りに塗装剥がれも確認出来ます。その他にもトップのサウンドホール周りにピッキングに因る塗装剥がれがあったり、ヘッドの角々にもぶつけて塗装が剥がれている箇所が多々見られますので、決して美品中古とは言えませんが、、ギブソンってこの手のキズというかヤレというか、、が似合うので、ギブソン・フリークの方ならそんなに気にならないんじゃないかと思います。ボディー・トップにはちりめん状のウェザーチェックがいくらか確認出来ます。ブリッジの6弦側下辺りに2cmくらいのクラックのようにも見える黒い筋が2本ありますが、こちらはウェザーチェックに汚れが入っただけで、木部のクラックはありません。また、ネック裏にも横方向にびっしりとウェザーチェックが入っていますので、手で触ると少しガサツキを感じます。ネック裏の手触りはツルツルじゃなきゃイヤと言う方には不向きですが、むしろ更に弾き込んで塗装が薄くなって来れば、それはそれでギブソンらしい風格が出てくるかと、、。

ネック・コンディションは良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.6mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが確認出来ますが、一番減っている箇所でもオリジナルの6~7割の高さが残っていますので、まだ当分はリフレットの心配も無いでしょう。

全体的にしっかり使われてきた事が窺える貫禄のルックス&サウンドになっていますので、新品では味わえない「味」のある1本かと思います!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:03121040