GIBSON J-50 1957年頃
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

爆鳴り個体発見!!50年代後半ノン・スキャロップ期のJ-50!!

J-45のナチュラル・フィニッシュ・バージョンとして1942年に発表され、1947年頃から本格的な生産が始まったJ-50。J-45と並んで多くのミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数多くの名盤に残してきたギブソンを代表するもう一つの顔です。J-45同様、その時々の流行り廃りに合わせて様々なマイナー・チェンジが行われてきたJ-50。それぞれの時代のそれぞれのスぺックから成るサウンドにはそれぞれの魅力があり、一つのモデルとして括るには難しいバラエティーに富んだサウンドがあります。今回入荷はノン・スキャロップ期、50年代後半の個体。ネック・ブロックに打たれているファクトリー・オーダー・ナンバーが殆ど判読不能なため、正確な製造年は判りませんが、何となく頭文字はUかVのように見えますので、恐らく56年か57年の個体かと思われます。

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、ノン・スキャロップ・ブレーシング、実測43.3mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。謎のスチール・ウール研磨があるため、お値段は相場よりグッとお安い価格でのご提供ですが、サウンド的には当たりの爆鳴り個体です!

そのサウンドは爆発力のあるパワフルでラウドな超絶サウンド!バリンッと音が立ち上がり、適度な荒削り感を伴って猛々しく咆哮します。50年代前半のブルージーで深みのあるスキャロップ・サウンドも魅力ですが、やはりノン・スキャ期の爆発力のあるサウンドも格別です!ガツンバリンッと音が立ち上がり、そこにエッジ感を伴ったブライトでワイルドなサスティーンが絡み、この年代のギブソンでしか味わえない、胴を震わすような力強いギブソン・ラウド・トーンをご堪能頂けます。J-Guitarなんかで調べてみても、、、50年代J-50はほとんど当店に集まってんじゃないかってくらい、現在当店には50年代J-50が豊富に有りますので、たくさんの個体から弾き比べをしてご自身のお好みに一番ぴったりくるサウンドを探すことも可能ですので、是非今のうちにご来店&ご体感頂ければと思います!

楽器のコンディションは、トータルで見れば年式の割にはクラックやキズなども少なく、まずまず良いコンディションを保っていますが、上記の通り謎のスチールウール研磨があり、ボディー・トップにやや目立つキズも有るため、かなりお安めでのご提供です。まずスチールウールに関してですが、、、ボディー・トップのブリッジ下からPGの下の部分に掛けて、6弦側の肩部とサイドにスチールウールで研磨したような跡が確認出来ます。何のためにこんなことをしたのかは不明ですが、、スチールウール状の物でごしごしやった為、逆に細かいキズとなり、そこにポリッシュか研磨剤が入り込んで、見る角度によってはその辺り一帯がぼわ~っと白っぽく見えます。見る角度によっては全身にびっしりと入ったウェザーチェックに隠れてほとんど気にならなかったりもしますので、、いざ自分の相棒になってしまえばあばたもエクボ、、かな?と思います(汗)。。そしてボディー・トップの6弦側指板脇とPG斜め下辺りに木部を抉るような深めのキズがあり、そこそこ目立ちます。塗膜が無くなり、木地が出てますので白く目立ちますが、キズ自体は表面上の物で、木部のクラックはありませんので、こちらもこの個体の顔付きの個性として捉えて頂ければ幸いです。修理歴としては、この年代のギブソンに付きものの、PGの内側のラインに沿って入るクラックがあり、接着修理されています。しっかり接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので強度的な心配はなく、見た目もほとんど目立ちませんので、ここはあまり気にならないかと思います。上記スチールウール痕と2つの派手めなキズ以外は、小キズやウェザーチェック等それなりですが、年式から考えるとまずまず綺麗なコンディションと言えるでしょう。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側1.8mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにはもうあまり余裕はありませんが、現状でプレイヤビリティーはばっちりかと思います。フレットは擦り合わせされ特に気になるような凹みも無く、全体的にオリジナル時の7~8割の高さが残っています。

テンション感のあるサウンドがお好みの方に是非お試し頂きたい爆鳴り個体です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。