GIBSON J-50 1959年頃
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

大変貴重なデカ頭アジャスタブルJ-50!!サウンド、コンディション共に文句なしの1本!!

J-45のナチュラル・フィニッシュ・バージョンとして1942年に発表され、1947年頃から本格的な生産が始まったJ-50。J-45と並んで多くのミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数多くの名盤に残してきたギブソンを代表するもう一つの顔です。今回入荷はそんなJ-50の長い歴史の中でも特に人気の高いラージ・ガード&ノン・スキャロップ期の1本!加えて56年~59年まではオプションでの生産だったアジャスタブル・ブリッジ仕様の個体は数も少なく、特に稀少なレア・アイテムです!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、デカ頭スクリュー&ツヤありセラミック・サドル、ノン・スキャロップ・ブレーシング、実測43mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。ネック・ブロックにスタンプされているファクトリー・オーダー・コードはかなり薄れていて判読が難しいですが、、うっすらと見える頭文字はSのような、、、デカ頭ネジのアジャスタブル・ブリッジは58年~59年の途中までしか生産されていませんし、少し幅広のフレット形状などからも59年製で間違いないかと思います。

サウンドはカリンカリンに乾いた豪快なアジャスタブル・サウンド!ノンスキャロップ・ブレーシング・ボディーのカンカン前に飛ぶラウドなサウンドに、アジャスタブル・ブリッジならではのチリンチリン鳴る高音とリバーブ感が加わり、この年代のこの仕様でしか味わえないブライトでド迫力のサウンドをご堪能頂けます。フラットピックで掻き鳴らせば、爆発力のあるパワフルで開いたジャキザクのギブソン・サウンドが得られますし、フィンガーで爪弾けば、ツヤありアジャスタブルならではのチリンチリンと鈴のように鳴る倍音感を伴った心地よいサウンドが得られ秀逸です!

楽器のコンディションは、この年代のギブソンとしてはなかなかお目に掛かれないくらいに綺麗で良い状態を保っています!薄ラージ・ガード期のギブソンに付きもののPG内側のラインに沿って入るクラックはありますが、きっちりと接着され、裏からは補強のクリートも貼られていますので強度的な心配はありません。その他はそれなりの小キズやウェザーチェックはありますが、この年式から考えるとキズもかなり少なく、塗装の艶感や程度も非常に良いコンデションを保っています。ブリッジ横の打痕や、ボディー・バックの白っぽい引っ掻き傷などが少し目立つと言えば目立ちますが、他が綺麗だからこそ少し目立つ程度で、同年代の平均的なコンディションのギターから考えれば、目立たない小キズの部類に入るかと思います。4弦と6弦のペグ・シャフトは少し曲がっていますが、操作上は何ら問題ありません。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度と現在の平均的なセッティングにしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットもオリジナルのままで、ローフレットを中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの6~7割程度の高さが残っていますので、まだ当分はリフレットの心配もありません。

最近では50年代ギブソンもなかなか入手困難になってきています。加えてここまで程度の良い個体はなかなか無いと思いますので、お探しだった方はお早めにご検討下さい!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。