GIBSON J-50 1959年製

HOLD(現在商談中です)

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

リブレーシングに因る強烈な鳴り!!格安の59年製J-50!!

J-45のナチュラル・フィニッシュ・バージョンとして1942年に発表され、1947年頃から本格的な生産が始まったJ-50。J-45と並んで多くのミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数多くの名盤に残してきたギブソンを代表するもう一つの顔です。J-45同様、その時々の流行り廃りに合わせて様々なマイナー・チェンジが行われてきたJ-50。それぞれの時代のそれぞれのスぺックから成るサウンドにはそれぞれの魅力があり、一つのモデルとして括るには難しいバラエティーに富んだサウンドがあります。今回入荷は黄金ネックと呼ばれる59年製の1本。通常59年だとブレーシングはノン・スキャロップ・ブレーシングになりますが、こちらの個体は後年スキャロップ・ブレーシングにリブレイスされた1本!それ故のダイナミックなサウンドとリーズナブルな価格が魅力の1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、スキャロップ・ブレーシング(リブレイス)、実測43mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。一般的に黄金ネックと呼ばれる59年のネックは太過ぎず細過ぎずの手にしっくりと馴染むグリップ。リブレイスに因る爆発的なサウンドにもこのしっかりグリップ・ネックが一役買ってます!

そのサウンドは爆発力のあるパワフルでラウドな超絶サウンド!バリンッと音が立ち上がり、適度な荒削り感を伴って猛々しく咆哮します。50年代前半のオリジナル・スキャロップ期のサウンドともまたちょっと違い、50年代後半のタイトで直進性に富んだサウンドそのままに、より高角度に広がりながらバウンバウンと鳴る印象。恐らく50年代前半よりは背が高く且つスキャロップが深めに取られているせいか、よりストレートで攻撃力抜群のサウンドになっているように感じます。フラットピックで掻き鳴らせば、ちょっとうるさいくらいにラウドでパワフルなギブソン・サウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾けば、マホガニーらしい透明感のあるサウンドに、スキャロップならではの美しい倍音、サスティーンが加わり、うっとりするようなサウンドをご堪能頂けます。リブレイスされているとは言え、このサウンドの完成度はちょっとシビレますよ!

楽器のコンディションは上記リブレイス有りの為、販売価格は格安となっております!2003年にマークなんちゃらさんって人がリブレイスしたらしく、ブリッジ・プレートに日付とご本人のサインがしてあります。この方、有名な方かどうかは不明ですが、、作業自体は非常に丁寧で、ブレーシングのシェイプも美しく、腕は確かな事が分かります。ボディー・トップ側のブレーシング全てとブリッジ・プレートが取り換えられていますが、鏡で中を覗くと、ギブソンとは思えない美しい仕上がりになっています(笑)。きっちりとした仕事で、サウンド・コントロールも上手くいってるんじゃないかと思われます。その他の修理歴としては、リブレイスされた時に一緒にやったのかどうかは不明ですが(恐らくそれ以前かと思います)ボディー・トップのセンター・シーム部が一度剥がれ、再接着する際に0.5mmほどの細いスプルースが継ぎ足されています。こちらの作業も丁寧なので、説明されない限り気付きもしないかと思います。また、この年代のギブソンに付きもののPG内側に沿って入るクラックは、サウンドホールの上下どちらにも入っていますが、現在はしっかり接着され、ほとんど判りません。そして6弦側の指板脇にも短いクラック修理がありますが、こちらも綺麗に丁寧に修理されていますので、ぱっと見に気付くような事は無いでしょう。過去にPUを搭載していた時期もあったようで、1弦側サイドにはジャックホールを埋めた修理跡もあります。その他は年式なりのキズや経年感、ウェザーチェック等まぁまぁ普通に有りますが、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.1mm、1弦側1.7mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕があります。フレットは少し太めのフレットにリフレットされていて、少し減っている箇所もありますが、まだまだ充分な高さが残っています。

コレクターさん向きのコンディションとは言えませんが、弾いてみれば大納得間違いなしのシビれる爆鳴りサウンドです!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:S8765-23