GIBSON J-50 1964年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

意外に個体数の少ないレギュラー・ネックの60年代J-50!!PG交換の為、格安でのご提供です!!

J-45のナチュラル・フィニッシュ・バージョンとして1942年に発表され、1947年頃から本格的な生産が始まったJ-50。J-45と並んで多くのミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数多くの名盤に残してきたギブソンを代表するもう一つの顔です。今回入荷は64年製レギュラー・ネックの1本。60年代ギブソンは市場にかなりの数出回っている印象ですが、60年代のレギュラー・ネックJ-50は意外にも個体数が少なく、且つ価格も高騰してきています!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板、オリジナル・プラスティック・ブリッジ、セラミック・サドル(リプレイス)、実測42.5mmレギュラー・ネック、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。ピックガードが交換されていますが、薄いPGに替わっていますので、ボディーの鳴りはむしろ良くなり、60年代前半らしい抜けの良いアジャスタブル・サウンドをご堪能頂けます!

サウンドはアジャスタブル・ブリッジらしいドンシャリなギブソン・サウンド!ゴツンッとくる低音にシャリジャリな高音、コンプの効いたような中音などが混ざり合い、この年式のこの仕様でしか味わえないクセの強いジャリザクなサウンドを響かせます。60年代後期のナロー・ネックと比べるとやはりしっかりした箱鳴り感があります。しかもこちらの個体は63年以前のような薄いPGに交換されていますので、その分サスティーンも申し分なく、厚ガード独特のミュートされたような感も無く、気持ちよく音が抜けてくれます!アジャスタブル・ブリッジらしい独特なリバーブ感のあるサウンドは、嫌いな人は嫌いでしょうが(笑)、好きな人にとっては何とも魅力あふれるサウンドですね!

楽器のコンディションは、上記PG交換の他にもいくらかの修理、交換歴があります。サドルはオリジナルは木製だったのかセラミックだったのか不明ですが、現在はリプレイスメント用のセラミック・サドルに替わっています。色が白く、綺麗なのでリプレイスと判りますが、サウンド面ではオリジナルだろうがリプレイスだろうが変わりはありません。サドルの耳の部分がほんの少し欠けていますが、操作上や演奏上は何ら問題ありません。

ボディー・トップの6弦側ウエスト部付近に15cmほどと10cmほどのクラック・リペアーが2本並んでいます。ボディー・バックの同じような位置にも6cmほどのヘアライン・クラック跡があるので、横から強い力が掛ったのかも知れませんね。現在はそれぞれしっかり接着されていますので、強度的な心配はありません。ボディー・トップ側はクラックに少し汚れが入った状態で接着されていますので、黒い筋になって見えますが、バック側は細いヘアライン・クラックなので、見た目もほとんど気にならないかと思います。

その他全体的に細かいキズやびっしりと入ったウェザーチェックなどありますが、ビンテージとして見て、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mmにセッティングしていますが、アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットは綺麗に擦り合わせされ、気になるような凹みも無く、全体的にオリジナル時の8~9割程度の高さが残っています。

明るく抜けの良いアジャスタブル・サウンドをお探しの方に是非オススメの1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:171317