GIBSON J-50 1964年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

意外に個体数の少ないレギュラー・ネックの60年代J-50!!コンディション良好な1本!!

J-45のナチュラル・フィニッシュ・バージョンとして1942年に発表され、1947年頃から本格的な生産が始まったJ-50。J-45と並んで多くのミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数多くの名盤に残してきたギブソンを代表するもう一つの顔です。今回入荷は64年製レギュラー・ネックの1本。60年代ギブソンは市場にかなりの数出回っている印象ですが、60年代のレギュラー・ネックJ-50は意外にも個体数が少なく、コンディションの良い個体を見つけるのはなかなか難しくなってきています!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、セラミック・アジャスタブル・サドル、実測43mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。ちょっとした修理歴はありますが、トータルで見るとなかなか無い素晴らしいコンディションの1本です!

サウンドはアジャスタブル・ブリッジらしいドンシャリなギブソン・サウンド!ゴンッとくる低音にシャリジャリな高音、コンプの効いたような中音などが混ざり合い、この年式のこの仕様でしか味わえないクセの強いジャリザクなサウンドを響かせます。60年代後期のナロー・ネックと比べるとやはりしっかりした箱鳴り感があり、アジャスタブル・ブリッジらしいどこかスポイルされたような短めのサスティーン、独特なリバーブ感のあるサウンドは、嫌いな人は嫌いでしょうが(笑)、好きな人にとっては何とも魅力あふれるサウンドですね!

楽器のコンディションは年式の割には非常に綺麗なコンディションを保っていますが、いくらかの修理歴があります。ボディー・トップの6弦側サウンドホール脇に8cmほどのクラック・リペアーと、同じく6弦側ウエスト部付近に10cmほどのクラック・リペアー跡が有ります。それぞれしっかり接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありません。見た目的にも汚れ等は入っていないのでそんなに目立ちません。そして何故こうなったのか不思議ですが、、、どういう訳かPGはJ-45に付いていた物と交換されているようです。60年代の流し込みのオリジナルPGである事は間違いないのですが、何故かPGにだけサンバーストが吹かれています。早い段階でPGにトラブルがあり、J-45に貼ってあったPGを移植したのか?摩訶不思議な現象ですが、、、ずっと見てるとこれはこれで妙に渋く感じるのは私だけでしょうか?笑、笑、、

その他は小キズは点在していますが年式の割にキズはかなり少なめで、トータルで見れば相当に綺麗な個体と言えるかと思います。ウェザーチェックも全身に入っていますが、上品で渋い入り方なので、ビンテージとしての風格にひと役買っています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.3mm、1弦側1.8mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。アジャスタブル・サドルは、まだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットは綺麗に摺り合わせされ、気になるような凹みも無く、一番低くなっている箇所でもオリジナルの8割程度の高さは残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

ルックス、サウンド共にグッとくる出物の1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:238859