GIBSON J-50 1967年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

リバーブ感たっぷりのアジャスタブル・サウンド!67年製J-50!!

J-45のナチュラル・フィニッシュ・バージョンとして1942年に発表され、1947年頃から本格的な生産が始まったJ-50。J-45と並んで多くのミュージシャンから愛され、その時々のサウンドを数多くの名盤に残してきたギブソンを代表するもう一つの顔です。J-45同様、その時々の流行り廃りに合わせて様々なマイナー・チェンジが行われてきたJ-50。それぞれの時代のそれぞれのスぺックから成るサウンドにはそれぞれの魅力があり、一つのモデルとして括るには難しいバラエティーに富んだサウンドがあります。今回入荷は67年製の個体。ボディー・サイドに塗装のタッチアップがあるため、格安の1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジの16インチ・ラウンド・ショルダーJ-50。サドルはオリジナルは恐らくハカランダ製の物が付いていたと思われますが、現在はタスク製の物に交換されています。ヘッド角は14度、ナット幅は実寸で40mmのナロー・ネックというスペックです。ペグは66年~67年のみに見られる日本製のオープン・バック・ペグで、これがオリジナルです。

サドルがタスクに交換されているせいか、サウンドにとてもリバーブ感が有り、アジャスタブル・ブリッジ特有のコンプが効いたようなサウンドに、心地よいリバーブが掛かり、このモデルでしか味わえない強烈な個性のギブソン・サウンドになっています!ピッキングするとエッジの立った荒削りな音で、カンカンと音が返ってきて、ナロー・ネックの割には低音の出も悪くなく、攻撃的に抜ける高音と相まって、何とも荒削りでラウドなトーン。特に2、3弦あたりの出が良く、ギブソンらしいミッド・レンジに音が集まってくるような気持ち良いカッティング・トーンが得られます!

楽器のコンディションは、全体的にはまずまず綺麗なコンディションを保っていますが、上記の通りボディー・サイド部に塗装修正があります。ボディー・サイドの1弦側のエンド部に、塗装がペりぺりと剥がれてきたのをラッカーを染み込ませて止めている箇所があります。オリジナルの塗装が15cmほどに渡ってぺりぺりと剥がれてしまっていますが、まぁ普段弾く時に見るような場所でもありませんので、そんなには気にならないかと、、、上からラッカーを染み込ませて被害の拡大を防いでいますので、今後更にぺりぺり剥がれてくる事も無いでしょう。また、ヘッドの3弦側の先端角がポロッと取れてしまったようで、接着修理されています。それ以外は年式なりの弾きキズやウェザーチェックなど入っていますが、取り立てて気になるような箇所は無いかと思われます。ネックの裏などはほとんどキズも無く、非常にスムーズで綺麗な状態を維持しています。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度にセッティングしています。アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能ですが、1弦側はあまり下げシロが無く、ベタ付けまで下げて1.8mmくらいになります。6弦側はどちらにも余裕があります。フレットは擦り合わせがされた形跡が有り、更に凹んでいる箇所も有りますが、一番減っている箇所でもオリジナルの7割近くは高さが残っていますので、まだ当分はリフレットの心配も有りません。

ちょっと修理歴ありとは言え、演奏性、サウンド共に申し分ないお買い得な1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:872093