GIBSON L-48 1948年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

48年製のL-48!!ちょっと驚きの極上コンディションです!!

主にブルース系ギタリストから絶大な支持を受けるアーチ・トップ・モデルL-48。もう一つの人気機種L-50と人気を二分するアーチ・トップの人気モデルです。L-48とL-50の違いは年式にもよりますが、主に使用材の違いとポジション・マークなどです。マホ・トップが殆んどのL-48はより泥臭くブルージーなサウンドが人気で、スプルースTOPのL-50はより汎用性の高い切れの良いサウンドが人気です。今回入荷は48年製のL-48ですが、L-48にも稀に見られるスプルースTOPの個体です。48と50の良いとこ取りのようなお買い得な1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE、メイプルBACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、実測43mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・アーチ・トップ。グリップも太過ぎず細過ぎずのしっくりと手に馴染むブリップ感で、プレイヤビリティーも抜群の個体です!

サウンドはスプルースTOPだけあってL-50寄りの歯切れが良く、抜けの良いカッティング・トーン!粒立ちよく音が立ち上がり、fホール・ボディーならではの小気味よいザクザクとしたサウンドで、フラット・トップでは決して味わうことの出来ない魅力あるサウンドをご堪能頂けます。ピック弾きではジャズ系の歯切れの良いカッティング・トーンが得られますし、単音弾きでも音の分離が良く、粒立ちの良いサウンドが得られますので、ソロ・プレイにも充分使えます。フィンガーで爪弾けばいなたく泥臭いサウンドを響かせますので、ブルース系ギタリストだけではなく、あらゆるプレイ・スタイルに個性あふれるサウンドをご堪能頂けると思います!

楽器のコンディションは、ちょっとしたキズや経年感はありますが、この年代の平均的なコンディションから考えると、ちょっとビックリする位、綺麗なコンディションを保っています!L-48やL-50は、アーチ・トップ・モデルとしては比較的リーズナブルなモデルの為、結構メタメタな個体が多いのですが、こちらの個体は長い間押し入れに眠っていたのか、クローゼット・クラシックなコンディションを保っています。全体的にうっすらとしたウェザーチェックは入っていますので、それなりの経年感は感じますが、打痕や擦り傷等のキズはかなり少なめで、このモデルではなかなかお目に掛かれない美しい状態を保っています。ヘッドの角も潰れずにピンッとしてますしね。。(笑)

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.3mm、1弦側1.8mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。ブリッジのエレベーションもまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットもオリジナル・フレットのままで、減りも少ないです。一番減っている箇所でもオリジナル時の7~8割の高さが残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

コンディションの良いL-48、L-50をお探しの方に是非オススメの綺麗な個体です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:2610-32