GIBSON L-48 1959年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

黄金の59ネック!!1959年製L-48の入荷です!!リバーブ感たっぷりのブルージー・サウンド!! 

主にブルース系ギタリストから絶大な支持を受けるアーチ・トップ・モデルL-48。もう一つの有名機種L-50と人気を二分するアーチ・トップの人気モデルです。L-48とL-50の違いは年式にもよりますが、主に使用材の違いとポジション・マークなどです。マホ・トップが殆んどのL-48はより泥臭くブルージーなサウンドが人気で、スプルースTOPのL-50はより汎用性の高い切れの良いサウンドが人気です。今回入荷は59年製のL-48。黄金ネックと呼ばれる59ネックは太過ぎず細過ぎずの手に吸い付くような弾き易さです!

マホガニーTOP、マホガニーSIDE、メイプルBACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、実測43mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・アーチ・トップ。59年はネック・グリップもさることながら、少し赤みのあるサンバーストもめちゃカッコいいですよね!

サウンドはアーチ・トップらしいブリブリッとした出音に短めのサスティーン、独特のリバーブ感がありブルースなんかやるには最適なブルージー・サウンドです!カッティングなんかした時のリバーブ感がなんとも心地よく、アーチ・トップでしか味わえない独特のサウンドが秀逸です。フィンガーで爪弾いても、サスティーンは短めながら、リバーブ感のあるサウンドが得られますので、フィンガーピック・ブルースなんかにもバッチリです!

楽器のコンディションはやや特徴的なキズやちょっとした修理歴等ありますが、年式から考えればまずまずのコンディションを維持しています。特徴的なキズと言うのは、、、ネック裏にカポで出来たであろう塗装剥がれが目立ちます。2フレット裏辺りから10フレット裏辺りまで断続的にゴリゴリと塗装が剥がれています。当然触ればガサツキは感じますが、極端に凹んでいるような箇所はありませんので、演奏上は慣れてしまえば別段気にならないかと思います。また、6弦側のサイドの膨らみ部分、丁度弾く時に肘が乗る辺りに4cm×3cmほどのキズをタッチアップしたような修理跡があります。その他は年式なりのキズやウェザーチェックなどそれなりに有りますが、59年製のビンテージとして見て気になるような箇所は無いかと思います。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mmにセッティングしていますが、サドルのエレベーションはまだ上下どちらにも充分可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットは10フレットまでリフレットされていて、気になるような凹みも無く、充分な高さが残っています。

壁に掛けているだけでも絵になるアーチ・トップ!フラットトップ弾きの方でも1本コレクションに加えたくなる、フラットトップとはまた一味違った魅力を持つギターです!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:S3244-26