販売済GIBSON L-48 1968年頃

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

探して見ると意外に少ないナロー・ネック期のL-48!!コンディション良好な1本です!!

主にブルース系ギタリストから絶大な支持を受けるアーチ・トップ・モデルL-48。もう一つの人気機種L-50と人気を二分するアーチ・トップの人気モデルです。L-48とL-50の違いは年式にもよりますが、主に使用材の違いとポジション・マークなどです。マホ・トップが殆んどのL-48はより泥臭くブルージーなサウンドが人気で、スプルースTOPのL-50はより汎用性の高い切れの良いサウンドが人気です。今回入荷は68年頃の個体。1946年~1971年まで長い歴史を持つL-48の中でも個体数の少ないナロー・ネック期の1本です!

マホガニーTOP、マホガニーSIDE、メイプルBACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、実測40mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・アーチ・トップ。ナロー・ネックのL-48も珍しいですが、最近ではL-48自体市場に出回っている個体数がかなり少なくなってきています!

サウンドはアーチ・トップらしいブリブリッとした出音に短めのサスティーン、独特のリバーブ感がありブルースなんかやるには最適なブルージー・サウンド!カッティングなんかした時のリバーブ感がなんとも心地よく、アーチ・トップでしか味わえない独特のサウンドが秀逸です。フィンガーで爪弾いても、サスティーンは短めながら、リバーブ感のあるサウンドが得られますので、フィンガーピック・ブルースなんかにもバッチリです!また今回入荷の個体はナロー・ネックのため、音の粒立ちの良さ、歯切れの良さも格別なので、ジプシー・ジャズ系のカッティングなんかにも抜群の相性を見せるんじゃないかと思います!

楽器のコンディションは経年なりの使用感や経年感はありますが、キズの類は少なめで、トータルで見ればこの年式としてはまずまず綺麗なコンディションを維持しています!ボディーは全体的に細かいウェザーチェックがびっしり入っていますが、かなり細かい上品な入り方なので、貫禄に一役買ってはいますが、これが気になるという方はまず居ないでしょう。細かい打痕や擦り傷などもそれなりですが、遠目にもド派手に目立つようなキズはありません。ボディーのトップは僅かにトップ落ちしているように見えなくもないですが、ボディー・バックを見ても50年代に比べればアーチは気持ち緩やかなので、トップ落ちもほとんど無い状態かと思います。ネック裏に少し塗装の劣化があったり、ヘッド角が少し潰れていたりしますが、まぁこれらもギブソンあるあるで取り立てて気になるような事も無いでしょう。トラスロッド・カバーはトラスロッドと止めネジが干渉するのを嫌って3点止めに変更されています。見た目どうしても2点止めの方がギブソンらしいですが、、演奏時パタパタ共振することも多いので、3点止めの方が理にかなってますね。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度にセッティングしていますが、ブリッジのエレベーションはまだ上下どちらにも充分可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの6割程度の高さが残っていますので、まだ当分はリフレットの心配も無いでしょう。

壁に掛けているだけでも絵になるアーチ・トップ!フラットトップ弾きの方でも1本コレクションに加えたくなる、フラットトップとはまた一味違った魅力を持つギターです!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:508044