販売済GIBSON LG-0 1967年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ブリッジ貼り替えでしっかりと鳴る67年製LG-0!!

ギブソンの人気スモール・ボディー・シリーズのLGシリーズ。今回はそんなLGシリーズの中では一番安価だったモデルLG-0の67年製が入荷しました!LGシリーズは元々1942年からXブレーシング構造のLG-2、LG-3の生産が始まります。その翌年にはLG-2の廉価版としてLG-1の生産が開始されますが、そのブレーシング構造の違い故、LG-1と2ではサウンド・キャラクターが違い、それぞれに多くのファンを獲得し、長きに渡り生産が続けられる事となります。そのLG-1の更に廉価版として1958年に登場したのが今回入荷のLG-0になります。オール・マホガニー・ボディーのLG-0は、スプルースTOPのLG-1ともまた違うブルージーでいなたいサウンドが人気となり、多くのミュージシャンに愛される人気機種となりました!

マホガニーTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板、エボニー・ブリッジ(リプレイス)、ラダー・ブレーシング、実測39.8mmナロー・ネック、24.75インチ・スケールの14 1/8スモール・ボディー。ブリッジはオリジナルのプラスティック・ブリッジから木製のエボニー・ブリッジに貼り替えられています。それ故にプラ・ブリッジよりも音の密度が上がり、61年以前のレクタンギュラー・ブリッジに近いしっかりとしたサウンドが得られます!

そのサウンドはマホ・ボディー&ラダー・ブレーシングならではのブルージー且つ可愛らしいポロロン・サウンド!マホ特有の柔らかい音の立ち上がりに嫌みの無い素直なサスティーンで、何とも癒されるサウンドです。フラットピックで掻き鳴らせば、ギブソンらしい荒削りな一面も顔を覗かせますが、やはりフィンガーで爪弾いた時の癒し系ポロロン・サウンドが何といっても秀逸です!プラスティック・ブリッジと比べると圧倒的に低音の出が良く、サウンドの密度も上がっています。ローもしっかり出ていて、プラ・ブリのようなチープさが無く、またナロー・ネック特有の音の線の細さもあまり感じず、しっかりと鳴ってくれる印象です。サスティーンはそんなに長くありませんが、この短いサスティーンを伴ったウクレレちっくなポロロン・サウンドこそがLG-0の持ち味でしょう!

楽器のコンディションは、年式なりの貫禄の経年感ですが、キズの類は少なめで、びっしりと入ったウェザーチェックや塗装の劣化を除けばかなり綺麗なコンディションを保っています!ボディーには全体的に蜘蛛の巣状にびっしりとウェザーチェックが入っていて、なんかシワシワのおじいちゃんに見えなくもないですが(笑)、まぁこれもビンテージならではの醍醐味ですね。また、この時代のバインディングは経年でバインディングの油分が揮発し、周りの塗装を劣化させる特徴がありますが、こちらの個体も所々バインディング近辺の塗装が少し色が濃くなっています。バインディング自体にもいくらか劣化が見られますが、崩れてきそうな箇所は既に処置されていますので、今後お使い頂くにも安心です。ネック裏からヘッドに掛けてもびっしりとウェザーチェックが入っていますが、こちらはかなり細かく薄い控えめなチェックなので、手触りもスムーズで演奏上も何ら気にならないかと思います。ブリッジは上記の通りプラスティック・ブリッジから木製の物に交換されています。また、長年の使用でボディー内部のブリッジ・プレートも穴が広がってきたようで、薄いメイプルが二重に貼られ補強されています。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.6mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットは擦り合わせされた上でいくらかの減りはありますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8割程度の高さが残っています。

最近ではギブソン・スモール・ボディーのビンテージは市場になかなか出てこない稀少品となっています。お探しだった方はお早めチェックお願いします!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:863902