GIBSON LG-1 1957年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ブリッジ貼り替えの為、格安の57年LG-1!!良く鳴っています!!

LG-2の廉価モデルとして1943年から生産がスタートしたLG-1。LG-2や3とは違うラダー・ブレーシング構造を持つLG-1は、カラコロとした独特なサウンドで人気を集め、今なおこのLG-1サウンドこそがイイ!というファンも多い、ギブソン・フラットトップの隠れた人気モデルです。今回入荷は特に人気の高い50年代、57年製の1本。最近では50年代以前のLG-1も個体数がどんどん少なくなってきていて、価格も高騰の一途をたどっています。今回入荷の個体は、ブリッジ貼り替え等、いくらか修理歴が有るため、60年代前半くらいのリーズナブルな価格でのご提供です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板、ハカランダ・レクタンギュラー・ブリッジ(リプレイス)、ラダー・ブレーシング、実測43mmナット、24.75インチ・スケールの14 1/8インチ・スモール・ボディー。ブリッジは貼り替えられたモノですが、綺麗に目の詰んだ良材のハカランダが使われています。また、この年代のギブソン・ネックは俗に黄金ネックとされていますが、実際は結構個体差も多いです。この個体に関しては、平均的な50年代後半のグリップよりは気持ち太めに感じます。

サウンドは適度に乾いた抜けの良いビンテージ・サウンド!音の反応が良く、カラコロと心地よく鳴ってくれ、何ともブルージーなサウンドが堪りません!60年代のプラ・ブリッジ期のものに比べると、やはり音の密度が違い、安っぽい感じはまるで無くなります。まぁサウンドは人それぞれ好みがありますので、60年代のあのおもちゃっぽいカラコロ・サウンドがお好きな方も多いですが、50年代レクタンギュラー・ブリッジ期のサウンドは、やはり大いに納得させられる説得力のあるビンテージ・サウンドのように感じます。フラットピックで掻き鳴らせば、音の塊感こそコンパクトですが、ギブソンらしい荒削りでラウドなサウンドが得らえますし、フィンガーで爪弾いても反応が良く、ストレスのないクリアーなサウンドをご堪能頂けます!リプレイスされたブリッジを敢えてロング・スロット・サドル仕様にしている辺りにもこのサウンドの秘密があるかも知れませんね!

楽器のコンディションは、トータルで見るとキズも少なく、なかなかの美品コンディションですが、上記ブリッジ交換とクラック・リペアーがあります。ブリッジは何度か交換されているようですが、現在はオリジナルと同じ形状のレクタンギュラー・ブリッジで、ロング・スロット・サドル仕様になっています。てかうちでしました(笑)。。元々はちょっと大きめのブリッジが付いていたのですが、あまりにもダサかったので、オリジナル形状に戻したわけですね。そのため、ブリッジ前に少し塗装がぐしゃぐしゃっとなった跡が出てしまいましたが、見た目もサウンドも断然良くなったと思います。前のブリッジでは省略されていたブリッジを止めるボルト&ナットも復元しました。また、ボディー・バックのセンターから1弦寄りの箇所に、ボディー・エンドから20cmほどのクラック・リペアーがあります。但しがっつり割れた訳でも無さそうで、ぴーっとクラックが入った箇所に接着剤を流し込んで磨いてる感じです。裏からは補強のクリートは打たれていませんが、強度的にも全然問題なさそうです。表面上も変なガサツキも無く、見た目もあんまり目立ちませんので、ビンテージとしてはまぁこんなもんかな?って感じです。その他はピッキングに因るサウンドホール周りの塗装の剥がれや小キズなど点在していますが、同年代の平均的なコンディションから考えるとキズも少なく、なかなかの美品コンディションと言えるかと思います。ペグはゴトーのクルーソン・タイプに交換されていて操作性もスムーズです。また、過去にPUを搭載していた時期もあるようで、エンドピンはローデン・タイプのオーバー・サイズにリプレイスされています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.7mm、1弦側2.2mm程度とやや高めのセッティングにしましたが、サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットも綺麗に摺り合わせされていて、気になるような凹みも無く、一番低くなっている箇所でもオリジナル時の7割程度の高さは残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

60年代サウンドとはまるで別物の50年代LG-1!まだ未体験の方は是非このサウンドをお試しあれ!!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:U1322-28