GIBSON LG-1 1959年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

近年なかなかお目に掛かれないコンディション&サウンド共にバツグンのコレクターズ・コンディションの59年製LG-1!!

LG-2の廉価モデルとして1943年から生産がスタートしたLG-1。LG-2や3とは違うラダー・ブレーシング構造を持つLG-1は、カラコロとした独特なサウンドで人気を集め、今なおこのLG-1サウンドこそがイイ!というファンも多い、ギブソン・フラットトップの隠れた人気モデルです。今回入荷は特に人気の高い50年代、59年製の1本。最近ではなかなか探せない、抜群のコンディションの逸品です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板、ハカランダ・レクタンギュラー・ブリッジ、ラダー・ブレーシング、実測42.8mmナット、24.75インチ・スケールの14 1/8インチ・スモール・ボディー。

サウンドは適度に乾いた抜けの良いビンテージ・サウンド!音の反応が良く、カラコロと心地よく鳴ってくれ、何ともブルージーなサウンドが堪りません!60年代のプラ・ブリッジ期のものに比べると、やはり音の密度が違い、安っぽい感じはまるで無くなります。まぁサウンドは人それぞれ好みがありますので、60年代のあのおもちゃっぽいカラコロ・サウンドがお好きな方も多いですが、50年代レクタンギュラー・ブリッジ期のサウンドは、やはり大いに納得させられる説得力のあるビンテージ・サウンドのように感じます。フラットピックで掻き鳴らせば、音の塊感こそコンパクトですが、ギブソンらしい荒削りでラウドなサウンドが得らえますし、フィンガーで爪弾いても反応が良く、ストレスのないクリアーなサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、ちょこちょことしたキズやいくらかの経年感はあるものの、年式から考えると信じられないくらい綺麗なコンディションを保っています!ウェザーチェックはほんの少し入っていますが、塗装の艶感などは新品時の雰囲気を維持していて、一見リフィニッシュじゃないかと思う位キレイです。ペグも近年物のようにピカピカですが、オリジナルのクルーソン・ペグです。薄ラージ・ガード期につきものの、PGのラインに沿って起こるクラックは、指板脇からサウンドホールに掛けて入っています。が、上手に修理されていますので、パッと見はウェザーチェックに見える位です。裏からの補強のクリートはしっかり打たれていますが、面取りした最小限のクリートで、修理跡もほとんど気にならないかと思います。その他交換されているものと言えば、ナットがデルリン系の新しい物に交換されています。フレットはオリジナル・フレットのままです。キズに関しては、ぽつぽつとした小さい打痕や擦り傷はいくらか入っていますが、59年製としてはほとんど無きに等しい小さなキズばかりですので、ビンテージをお探しの方でこの程度のキズが気になる方も居ないでしょう。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側3.0mm、1弦側2.4mm程度と今風な弦高セッティングからすると気持ち高めですが、サドルもオリジナルなので、勿体ないのでそのままにしてあります(笑)。しかし弾いた感じは数値程の弦高は感じず、プレイヤビリティーも良好です。サドルにはまだ余裕がありますので、弦高を落とそうと思えばまだ全然下げられます。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの6~7割の高さが残っていますので、まだ当分はリフレットの心配も無いでしょう。

弾く為の楽器としても、コレクションとしても、財テク投資用(笑)としてもオススメ出来る抜群のコンディションの逸品です!

ケースもオリジナルのチップボード・ケースが付属していて、内ポケットのギブソン・エンブレムも綺麗に残っています。

SN:S1327-31