GIBSON LG-3 1948年頃
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

サウンド、コンディション共に抜群の40年代後半のLG-3が入荷しました!!

ギブソン・スモール・ボディー・シリーズとして、1942年にJ-45と一緒に産声を上げたLGシリーズ。サンバースト・フィニッシュはLG-2、ナチュラル・フィニッシュはLG-3と名付けられ、翌43年にはラダー・ブレーシングのLG-1も登場し、長きにわたりギブソン・スモール・ボディー・モデルとして人気を博したシリーズです!今回入荷は個体数も少ないLG-3。特に稀少な40年代後半のコンディションの良い個体が入荷しました!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、スキャロップXブレーシング、実測43.3mmナット、24.75インチ・スケールの14 1/4インチ・スモール・ボディー。シリアルやファクトリー・オーダー・コードはありませんが、モダーン・ロゴ、テーパード・ヘッド、オープン・バック・3連ペグなどの仕様から、恐らく47年~48年に作られた個体と思われます。

サウンドはこれぞビンテージ!って感じの良く枯れたラウドなギブソン・トーン!音の立ち上がりも良く、サスティーンも充分に有ります。フラットピックで掻き鳴らせば、ちょっとボディーのスケール感からは想像できないような荒々しいラウドなギブソン・トーンが得られますし、フィンガーで爪弾いてもギブソンらしいミッドが膨らむ感じの独特のトーンが得られ、サスティーン感も充分なブルージーなサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、いくらかの経年感や修理歴等ありますが、平均的な40年代のコンディションから考えると、素晴らしく良いコンディションを保っています!修理歴としてはまずボディー・トップの6弦側のサウンドホール脇に8cmほどのクラック・リペアーが有ります。そしてバックにも同じくセンターからいくらか6弦寄りの箇所に15cmほどのクラック・リペアーが有ります。トップはブレーシングが補強の役割を果たす感じで接着のみ、バックは裏から補強のクリートが打たれています。それぞれ近くで見れば分かりますが、比較的綺麗にスパッと割れた感じですので、少し離れて見るとあまり気にならず、表面上も綺麗に処理されています。その他の修理歴としては1、3弦のペグが、ペグ・ボタンのみ交換されています。全体的にウェザーチェックが入っていますが、あまり派手な入り方ではなく、むしろこのギターの貫録に一役買っているように思います。その他小キズは点在していますが、この年代のギターとしてはキズはかなり少なめで、トータルで見ても、この年代としてはなかなかお目に掛かれない素晴らしいコンディションを維持していると思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側1.7mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにはもう殆んど余裕は有りませんが、まぁこれ以上弦高を落とす必要も無いでしょう。フレットはローフレットにやや減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの7割程度の高さが残っていますので、まだ当分はリフレットの心配もありません。

元々市場への流通量の少ないLG-3。ここまでコンディション良好な個体も珍しいと思いますよ!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。