販売済GIBSON Southern Jumbo 1955年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

エッジの効いたパワフルな鳴り!55年製サザン・ジャンボ!!

J-45の上位機種として1943年より生産がスタートしたサザン・ジャンボ。ギブソン・ラウンド・ショルダーを代表する機種として、J-45と並びギブソン・ファンから絶大な支持を受ける人気モデルです!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、実測43mmナット、24.75インチ・スケールの16 1/8インチ・ラウンド・ショルダー。ギブソンは55年からブレーシングがノン・スキャロップ・ブレーシングに変更されますが、今回入荷の個体はスキャロップされています。しかし50年代前半のスキャロップに比べ、少しスキャロップが浅いような気もします。スキャロップからノン・スキャに移行する過渡期的なスペックかも知れませんが、ギブソンは元々個体差が激しいので、恐らくたまたま少し浅めのスキャロップ・ブレーシングという事だと思います(笑)

サウンドはどちらかと言うと50年代後半のタイトでストレートに飛ぶサウンドに近いように思います。バリンッと音が立ち上がり、豪快にラウドに抜けてくれるサウンドで、適度に暴れてくれる感じも良く、これぞギブソン・サウンド!と言いたくなるような箱鳴り感と弦鳴り感のバランスも絶妙な力強いサウンドです!この芯の太いパワフルなサウンドは、50年代のしっかりとしたネック・グリップならではのサウンドで、60年以降の薄めのネックのサウンドとは一線を画します。個人的には55年~59年のノン・スキャの物が一番ギブソンらしさが出ているように感じますが、こちらの個体も正にそんな感じのサウンドで、スキャロップ期のような泥臭さは感じず、豪快にラウドに鳴ってくれます!

楽器のコンディションは年式なりのキズや使用感、経年感は有るものの、大きなダメージは無く、平均的な同年代の個体から比べると、まずまず良いコンディションを保っています。薄ラージ・ガード期に付きもののPG内側のクラックは有りますが、しっかり接着され、裏からは補強のクリートが打たれていますので、今後お使い頂くにも安心です。ボディー・サイドやネック裏など、所々塗装がチップしている箇所が有りますが、どういう訳かボディー・サイドの丁度ひじが乗る辺りの塗装剥がれのみ上からタッチアップされています。また、過去にPUを搭載していた時期があるようで、ボディー・サイドにジャック・ホールを穴埋めしたリペアー跡が有ります。その他ピッキングに因るサウンドホール近辺の塗装の剥げや小キズ、ウェザーチェックなどは経年なりですが、ビンテージとして見て、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.7mm、1弦側1.9mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにはもう殆んど余裕が有りませんので、これ以上弦高を落とすことは難しいですが、ギブソンらしいトーンを楽しもうと思うと、現状でMAX弦高は低いかと思います。フレットは何度か擦り合わされ、現状特に気になるような凹みは有りませんが、一番減っている箇所でオリジナル・フレットの6割程度の高さになっています。

J-45と比べても、市場に出回る個体数の少ない貴重なラウンド・ショルダーのサザン・ジャンボ。お探しだった方は是非一度お試しください!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:W277