販売済GIBSON Southern Jumbo 1967年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ちょっと驚きのタイムマシン・コンディション!!まるでリイシューのような美しさ!!

J-45の上位機種として1943年から生産が開始されたサザン・ジャンボ。ギブソンを代表するラウンド・ショルダー・モデルとして人気を博しましたが、1960年に発売されたハミングバードの成功を受け、1962年からハミングバードと同じ、スクウェア・ショルダーへと仕様変更されていきます。サザン・ジャンボと言えばラウンド・ショルダーを思い浮かべがちですが、近年ではシェリル・クロウなどの使用により、スクウェア・ショルダー期のサザン・ジャンボも人気が上がってきました。今回入荷はそんなスクウェア・ショルダー期の67年製。え?!ホントに67年製なの?!と二度見してしまう事間違いなしのタイムマシン・コンディションの逸品です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、ハカランダ・アジャスタブル・サドル、14度ヘッド、実測40mmナロー・ネック、24.75インチ・スケールの16インチ・スクウェア・ショルダー。クラウン・インレイやダブル・パラレログラム・インレイ、塗り込みの3ポイントPGなど高級機種らしい仕様になっています!

サウンドはジャリザクのギブソン・アジャスタブル・サウンド!これだけ綺麗な状態でありながら良く鳴っています。ブリッと歯切れのいい低音にコンプの掛かったような中域、チリンチリンと艶やかになる高音が混じり合い、この年代のこのスペックのギブソンでしか味わえない唯我独尊のギブソン・サウンドをお楽しみいただけます。フラットピックで掻き鳴らせば、かなり開いたエッジ感のあるブライトでザクザクのカッティング・トーンを響かせますし、フィンガーで爪弾けばつるんと粒立ちが良く、適度なサスティーンを伴った切れのあるサウンドが得られます。この年代のギブソン・サウンドはもう好きか嫌いかだけだと思いますが、このサウンドに嵌まった人には堪えられない魅力あふれるサウンドを存分にご堪能頂けます!

楽器のコンディションは驚きのミント・コンディション!よくぞここまで綺麗な個体が残っていたものだと感心する事しきりです。ヘッドの先端をぶつけて塗装が剥がれている箇所がありますが、それ以外は本当にびっくりするくらい綺麗です!オリジナルの2ライン・クルーソン・ペグは4弦のシャフトが少し曲がっていますが、オリジナルを維持しているだけでも見っけもんでしょう。ボディー内部を覗くと、ブレーシング剥がれなどを再接着した跡などが見て取れますので、それなりの経年は感じられますが、塗装表面などはウェザーチェックこそあるものの、艶感などもうほとんど新品のような輝きを維持しています。ウェザーチェックが無ければ新品のリイシューだよと言われても信じちゃいそうです(笑)。ウェザーチェックも見る角度によってはいくらか目立ちますが、全体的にうっすらと上品に入っていますので、正面から見た時なんかはほとんど気にならず、素晴らしいコンディションと言えるでしょう。ここまで完璧な状態だとネック・ヒールに打たれたストラップピンは嫌がる人は嫌がるかな。。(笑)。外観はホント驚くほど綺麗ですが、上記ブレーシング剥がれの修理はかなりアメリカンな修理で、ボディー内に接着剤の滲み出しが多く見られます。が、まぁボディーの中なんてそうそう見ないですよね(汗)。。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、ネックのセット角も完璧で現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますのでお好みの弦高にセッティング可能です。ナット、フレットもオリジナルのままでフレットはローフレットにいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの7割以上の高さが残っていますので、まだ当分はリフレットの必要もありません。

店主も長年ビンテージ・ギターに携わっていますが、まぁこんな綺麗なビンテージにはそうそうお目に掛かれません!これで御年50オーバーってんだから驚き以外の何物でもありません!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:069274