GIBSON Southern Jumbo 1967年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ブリッジ貼り換えの為、格安のサザン・ジャンボ!!顔良し!音良しの1本です!!

J-45の上位機種として1943年から生産が開始されたサザン・ジャンボ。ギブソンを代表するラウンド・ショルダー・モデルとして人気を博しましたが、1960年に発売されたハミングバードの成功を受け、1962年からハミングバードと同じ、スクウェア・ショルダーへと仕様変更されていきます。サザン・ジャンボと言えばラウンド・ショルダーを思い浮かべがちですが、近年ではシェリル・クロウなどの使用により、スクウェア・ショルダー期のサザン・ジャンボも人気が上がってきました。今回入荷はそんなスクウェア・ショルダー期の67年製。ブリッジがオリジナルのアジャスタブル・ブリッジから固定ブリッジに交換されている為、相場よりはグンとお安い価格でのご提供です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板、ローズウッド・ブリッジ(リプレイス)、14度ヘッド、実測40mmナロー・ネック、24.75インチ・スケールの16インチ・スクウェア・ショルダー。

ブリッジがオリジナルからリプレイスされている為、ビンテージとしての価値は少しポイントを下げてしまいますが、その分サウンドは非常に良く鳴っています!60年代後期のコンプレッションの掛かったあの独特のサウンドをお探しの方には不向きかも知れませんが、逆にこのルックスでもっとちゃんと箱鳴りがするギブソンが欲しいと思っている方にはオススメのサウンドです。固定サドルに変更されている分、弦の振動がスポイルされる事無く、ダイレクトにボディーに伝わりますので、バリンッと豪快に鳴ってくれます。そしてビンテージでしか出し得ない枯れたサウンドは健在ですので、パワフルでエッジ感のあるビンテージ・サウンドを存分にご堪能頂けます。ナロー・ネックに因る音の細さは殆んど感じられませんので、サウンド的には50年代後半のノン・スキャ期のようなパワフルで攻撃的なサウンドをお楽しみいただけます!

楽器のコンディションは、上記ブリッジ交換は有りますが、キズや修理歴などは少なめで、なかなか良いコンディションを保っています。何といってもサンバーストの雰囲気がカッコよく、何とも言えないオーラがありますよね!ボディー・バックの6弦側エンド部付近に15cmほどのクラック・リペアーが有ります。裏からは補強のクリートは打たれていませんが、相当がっちり接着されていて、表面上もタッチアップされていますので、強度的な心配は無く、見た目もほとんど目立ちません。ペグは近年物のクルーソンに交換されています。その他は小キズやウェザーチェックなどそれなりですが、年式から考えればまずまず綺麗な方かと思います。なんてったって顔がいいです!あ、しつこいですか(笑)?

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側1.9mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはジャンボ・フレットにリフレットされていて、現状特に気になるような凹みも無く、まだ充分な高さが残っています。

使うための楽器としてばっちり調整された、サウンドもプレイヤビリティーも抜群の1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:100117