GIBSON Southern Jumbo 1998年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

テンション感のあるパワフルなギブソン・サウンド!!98年製サザン・ジャンボ!!

ギブソンを代表する人気モデルJ-45の上位機種として1943年から生産が始まったサザン・ジャンボ。1962年には1960年に発売されたハミングバード・モデルの成功を受け、ハミングバード同様のスクウェア・ショルダーに変更され、とても同じモデルとは思えないようなルックスに変わってしまいますが、ラウンド・ショルダー期のサザン・ジャンボはウッディー・ガスリーや山崎まさよし氏などの愛器として印象深く、見た目もサウンドも如何にもギブソンらしいモデルとして高い人気を誇ります。今回入荷は98年製のサザン・ジャンボ!80年代から始まったギブソン・リイシューは今一つコピー度が低く、ヘンテコな仕様のギターも多かったのですが、当時のギブソンの日本総代理店であった山野楽器さんがこだわり屋の日本人向けによりマニアックなスペックでギブソン社にオーダーし始めたのが96年頃。こちらのサザン・ジャンボも50年代後期の黄金スペックを可能な限りリイシューした名作です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測44mmナット、24.75インチ・スケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。プラ・ツマミのクルーソン・タイプ独立ペグにクラウン・ヘッド・インレイ、ダブル・パラレログラム・インレイにマルチ・バインディングなど、J-45の上位機種としてギブソンらしい華やかさを持ったモデルです。そしてこのサザン・ジャンボ、同じリイシューでも年式に因り地味~にスペックが違います(笑)。多くのサザン・ジャンボはブリッジピンの位置が少し前寄りなものが多いですが、今回入荷の個体はJ-45などと同じ位置。PGは少し厚めのPG材が使用されています。そしてこの年代の頃のギブソンは、近年の薄べったいネック形状とは違い、そこそこ厚みのあるしっかりとしたネック・グリップなのも見逃せません!この50年代風のしっかりしたネックだからこそのパワフルで押し出しの強いサウンドは秀逸です!

そのサウンドはガツンッと音が立ち上がり、適度に暴れるパワフルでラウドなサウンド!音の立ち上がりがJ-45ほどのルーズさが無く、もう少しタイトに硬質に音が立ち上がる印象で、かなりパンチの効いたサウンドになっています。フラットピックで掻き鳴らせば、ラウンド・ショルダーらしい適度に暴れるパワフルで遠達性も高いザックザクのギブソン・サウンドが得られますし、フィンガーで爪弾いてもコリッと粒立ちが良く適度なサスティーンを伴ったサウンドが得られますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、オールマイティーにお使い頂けるサウンドかと思います!

楽器のコンディションは、年式なりの経年感や小キズは散見できますが、遠目にも目立つような派手なキズは無く、まずまず綺麗なコンディションを保っています。細かく見ていくと、ボディーには小さい打痕や擦り傷、うっすらとしたウェザーチェックも確認出来ますが、20年使われてきた楽器として考えればキズは少ない方かと思います。ヘッド裏の先端角に塗装が少し剥がれた箇所があり、そこがやや目立つといえば目立ちますが、、、まぁギブソン・フリークでこのくらいのキズを気にする人もそう居ないでしょう(笑)。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.6mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8~9割程度の高さが残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

近年のギブソンはネックが妙に平べったくて苦手という方も多いと思います。そんな方に是非お試し頂きたいしっかりグリップ&パワフル・サウンドの逸品です!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:92558048