GIBSON Southern Jumbo 1967年頃
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

プレイヤーズ・コンディションの為、ぶっちぎりの破格でご提供!!ナロー・ネック期のサザン・ジャンボ!!

J-45の上位機種として1943年から生産が開始されたサザン・ジャンボ。ギブソンを代表するラウンド・ショルダー・モデルとして人気を博しましたが、1960年に発売されたハミングバードの成功を受け、1962年からハミングバードと同じ、スクウェア・ショルダーへと仕様変更されていきます。サザン・ジャンボと言えばラウンド・ショルダーを思い浮かべがちですが、近年ではシェリル・クロウなどの使用により、スクウェア・ショルダー期のサザン・ジャンボも人気が上がってきました。今回入荷はナロー・ネック期の60年代後半の1本。ネック・クラック・リペアー有りの為、相場から大幅に逸脱したぶっちぎりプライスでのご提供です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、ハカランダ・アジャスタブル・サドル(改造あり)、実測39.5mmナロー・ネック、24.75インチ・スケールの16インチ・スクウェア・ショルダー。ブリッジはアジャスタブル・ブリッジながら、アジャスタブル・サドルにスリットが入れられ、弦に当たる部分には牛骨のサドルが入れられています。

サウンドはザックザクのギブソン・アジャスタブル・サウンド!アタックは強めながらあまり重さを感じない低域、コンプが掛ったような一種独特の中域、チリンチリンと鳴る高域が混じり合い、この年代のこの仕様のギブソンでしか味わえない、コッテコテのギブソン・サウンドをご堪能頂けます。牛骨のサドルが立てられている分、音の立ち上がりはシャープになっているように感じます。フラットピックで掻き鳴らせばサスティーン短めのザックザクのドンシャリ・サウンドが得られますし、フィンガーで爪弾けば粒立ちが良く音の分離の良い出音に短めのサスティーンが余韻を残します。ナロー・ネック期のギブソン・サウンドがお好きな方には堪えられない唯我独尊的サウンドを存分にご堪能頂ける事でしょう!

楽器のコンディションは上記の通りネック周りにいくらかの修理跡があります。ネックは0フレット裏辺りにクラックが入ったようで、接着、着色、オーバー・スプレーされています。詳しく調べてみてもクラック箇所ははっきりしませんが、ぼっきり折れたというよりは、ヒビが入った程度の修理じゃないかと思われます。2フレット裏辺りからヘッド裏に掛けては、オリジナルの塗装は残しつつも上から厚めに色が付けられています。それに伴い、ヘッド裏のシリアルが消えてしまっていますので、正確な年式が不明ですが、仕様から考えると1967~68年頃の物かと思われます。また、ネック・ヒール部分にも着色したような形跡があります。一度ネック・リセットをしたのは間違いなさそうですが、ひょっとしたらヒール部にもクラック修理があるかも知れません。ペグは近年のクルーソンに交換されています。ボディーの方はいくらかのピッキング・キズや打痕、擦り傷の類は有るものの、大きなダメージや修理箇所は無く、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。ピッキングに因り少し剥がれた塗装など、顔付きは非常にカッコいいと思います!

ネック・コンディションは良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットは全体的にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの7割程度の高さは残っていますので、まだ当分はリフレットの心配も無いでしょう。

時間を経てこそのビンテージ・サウンド!ビンテージが欲しいけどなかなか手が届かないサウンド重視のプレイヤーにはまたと無いリイシュー並みの爆安価格ですので、このチャンスをお見逃しなく!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。