GUILD D-25 1972年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

バック板割れ修理跡有りの為、激安でのご提供!!プレイヤーズ・コンディションのD-25!!

マーチン、ギブソンと並びアメリカの三大アコースティック・ギター・メーカーとして名高いギルド。テイラー・ギターなどの台頭により、最近ではすっかり影の薄いメーカーになってしまった感がありますが、50年代~70年代のミュージック・シーンを支えた伝統のギター・メーカーです。今回入荷はギルド全盛期の72年製のD-25。オール・マホガニー・ボディーでギルドの無骨でパワフルなサウンドと、マホガニー・ボディーの明るく透明感のあるサウンドが融合した魅力のモデルです!

マホガニーTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測42.7mmナット、650mmスケールのドレッドノート・ボディー。オール・マホガニー・ボディーは、ギブソン、マーチン共に作られていましたが、そのどちらとも違うギルド特有のマホガニー・トーンをご堪能頂けます!

そのサウンドはガツンッとパワフルに音が立ち上がり、無骨にストレートに抜けていくギルドらしさは健在ですが、オール・マホ・ボディー故の立ち上がりのライトさ、透明感のあるサスティーンなどが融合し、エッジ感はありながらウォーム、パワフルでありながら軽やかなこのモデルならではのサウンドになっています!ローズウッド・ボディーのギルドの、あの重々しい重低音感はありませんが、ブライトで軽やかな音圧感のあるサウンドを響かせます。マーチンほどウォームになり過ぎず適度なエッジ感があり、ギブソンほどサスティーンは短くなく素直に抜けていくサウンドは、ある意味一番何にでも合うオールマイティーなサウンドかと思います。フラットピックで掻き鳴らせば、明るくブライトな、適度な荒削り感を残したパワフルなサウンドが得られますし、フィンガーで爪弾けば一転、マホ・ボディーならではの優しく透明感のある美しい音色をご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、かなりガッツリ使い込まれてきたプレイヤーズ・コンディションです。まずボディー・バックの1弦側エンド部が一度グシャッとクラッシュしたようで、4cm×8cmほどの大きさで新しい木を継ぎ足して割れを修正した跡が有ります。バックはダーク・マホガニー・カラーなので、そんなには目立ちませんが、間近で良く見ると修理跡周辺にも複雑骨折したであろう痕跡が見られます。現在はしっかり接着され、裏からは補強板も貼られていますので、強度的な心配はありません。補強板に使われているのは、、、恐らくサックスか何かのリードのようです(笑)。なんともアメリカンな修理ですが、それがかえって「らしく」もあるように感じます。また、PG上に糊か何かの跡が残っていて、PGが妙に幾何学模様に斑に見えます。PGの保護シートを何年も剥がさずに使っていると、保護シートとPGが融合してしまって剥がすと白くなりますが、丁度あんな感じです。その他は年式なりのキズやウェザーチェックなども多数確認出来ますが、年式から考えて、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。

ネック・コンディションは良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.1mm程度にセッティングされています。サドルにはもう殆んど余裕は有りませんが、現状でもプレイヤビリティーは良好かと思います。フレットはローフレットにいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナル時の7割程度の高さがありますので、まだ当分はリフレットの心配は無いでしょう。

クラッシュ修理跡有りの為、格安の1本ですが、プレイ・コンディション、サウンドはなかなかの逸品ですよ!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:65710