GUILD F-40 Valencia 2007年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

タコマ工場製のギルド!!フィンガーピッカーにもオススメのクリアーなサウンドです!!

マーチン、ギブソンと並びアメリカの三大アコースティック・ギター・メーカーとして名高いギルド。最近の若者にとってはアメリカ三大ブランドと言えば、マーチン、ギブソン、テイラーとなってしまうんでしょうが、ある程度のおじさんにとってはやっぱりギルドも外せませんよね(笑)!90年代のフェンダー社の買収から生産拠点をあちこちに移し、フェンダー・コロナ工場からタコマ、ニューハートフォードと生産拠点を転々としたギルド。現在はレン・ファーガソン指揮の元、南カリフォルニアで新しい工場を建設し、生産が続けられていますが、アメリカ工場製のギルドUSAよりもアジア工場製のウエスタリー・コレクションの方が世の中に多く出回っているせいで、ギルドって何だか安いブランドみたいになっちゃいましたが、、、USAギルドはやはり伝統のギルドなんです!今回入荷はタコマ工場で生産されていた頃の2007年製のF-40。往年のギルド・サウンドとは少し趣を異にしますが、これはこれで魅力あるサウンドです!

ソリッド・レッド・スプルースTOP、ソリッド・マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、スキャロップ・ブレーシング、実測44mmナット、25.5インチ・スケールのグランド・オーケストラ・ボディー。ボディー幅は約400mmとドレッドノートに近いボディー・ワイズですが、くびれの深いグラマラスなボディー・シェイプで抱えた感じは000サイズより少し大きいかな?くらいの抱えやすいサイズ感です。

そのサウンドはマホガニー・ボディーらしい素直で優しいクリアーなサウンド!そんなに派手派手しいサウンドではありませんが、マホガニーらしい透明感のあるほっこりしたサウンドをお楽しみ頂けます。フラットピックでストロークなんかしても、耳当たりは優しいながらもかなりボリューミーなサウンドが得られますので、歌モノなんかにもばっちり使えます。フィンガーで爪弾いた時の色気あるサウンドは秀逸で、マホガニー・ボディーらしい透明感のあるサウンドに、スキャロップ・ブレーシングならではの倍音感とサスティーンが加わり美しいサウンドを響かせます。いわゆる往年のがっつり骨太なギルド・サウンドとは違いますが、これはこれでよりオールマイティーにお使い頂けるサウンドかと思います!

楽器のコンディションは、キズの少ない美品コンディションですが、ボディーのセル・バインディングの剥がれを修理した跡があります。この手のべっ甲柄のセルってマーチンでもギルドでもまず剥がれてきますね(汗)。経年に因りセルが縮み、ボディー・ウエストの部分が浮いて来ちゃうんですよね。こちらの個体もウエスト部、1、6弦側裏表共に剥がれて接着修理されています。現在はしっかりと接着されていますが、修理自体があまり綺麗では無く、再接着跡がやや目立ちます。その他はちょっとした小キズがちらほら散見出来る程度でほぼキズ無しの美品コンディションと言えるかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットにいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8割程度の高さが残っています。

往年のギルド・ファンというよりは、、、フィンガー系や女性のプレイヤーにオススメの抱えやすく透明感のあるサウンドが魅力の1本です!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:TK158014