GUILD GF-55 1993年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ギルドGFシリーズ最上位機種!!16インチ・スモール・ジャンボGF-55美品中古が入荷です!!

マーチン、ギブソンと並びアメリカの三大アコースティック・ギター・メーカーとして名高いギルド。テイラー・ギターなどの台頭により、最近ではすっかり影の薄いメーカーになってしまった感がありますが、50年代~80年代のミュージック・シーンを支えた伝統のギター・メーカーです。今回入荷はフェンダー社に買収される直前の93年製のGF-55。伝統のウエスタレー工場で作られた1本です!

ソリッド・スプルースTOP、ソリッド・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、トラディショナル・ギルド・スキャロップ・ブレーシング、実測44.5mmナット、25.5インチ・スケールの16インチ・スモール・ジャンボ。このGFシリーズは1987年~93年まで、トラディショナル・シリーズとして発売されていたモデルで、ポール・サイモンやジョー・ウォルシュらの至高のパートナーであったF-30RNTの流れを汲むシリーズとして人気を博しました!92~93年に限定生産されたF-30Rポール・サイモン・モデルも同じ16インチ・スモール・ジャンボでしたので、考えようによってはポール・サイモン・モデルのデラックス・バージョンとも言えますね(笑)。ブロック・パール&トライアングル・アバロン・ポジション・マークが最上位機種に相応しい貫禄を感じさせます!因みに94年のフェンダー社買収後、色んなモデル変更がありこのGFシリーズも姿を消してしまいますが、、ビンテージ・ギターのバイブル、グルーン・ビンテージ・ガイド・ブックに因ると、今回入荷の個体がGF-55の最終シリアルのようです。

サウンドはガツンと音が立ち上がり、野太く力強く咆哮するパワフル・サウンド!オリジナル・ギルドは重量がかなりありますが、この重たいボディー故の芯が太くトルクの強いサウンドこそがギルド・サウンドの醍醐味かと思います。マーチンなんかと比べるとやや荒削りで男性的なこのサウンドはギルドでしか出ない魅力のサウンドです。フラットピックで掻き鳴らせば、ゴツンといった感じで音が立ち上がり、野太い基音にこのボディー形状ならではのふくよかさが加わり、力強くも包容力のあるサウンドを響かせます。フィンガーで爪弾いても、決して重くなり過ぎない反応が良く芯のしっかりした出音に、このボディー形状ならではの豊かなリバーブ感が加わり、艶のある美しいサウンドを奏でますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、あらゆるスタイルでこの楽器の持つ魅力をご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションは年式から考えるとキズの類も少なく、全体的にはかなりの美品コンディションですが、ボディーのウエスト部のセル・バインディングにわずかな剥がれが見られます。6弦側はぱっと見分からない程度で、隙間もほとんどありませんが、ウエスト部でトップ、バック側共に3cmほどの長さでバインディングが浮いています。サイド側から指で撫でると少しだけ段差を感じますが、こちらは修理をするという程でも無いかと思います。1弦側のウエスト部はトップ側は綺麗にくっ付いていますが、バック側に4cmくらいの長さに渡り剥がれが確認出来ます。こちらはセルが少し縮んでいて、ボディーとの間に最大で1mmくらいの隙間があります。今回は委託主様の意向で現状のままの販売とさせて頂きますが、どうしても気になられる方は後から修理も可能です。が、委託主様もこの状態で長年使われてきて特に変化はないようなので、気にしなければ現状を維持していくものと思われます。その他は小さなポチキズやかすかな擦り傷が散見出来る程度で、全体的に見れば年式の割には相当綺麗なコンディションと言えるでしょう。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.2mm程度のセッティングになっています。数値で見ると1弦側がやや高めですが、弾いた感じはそんなに高さは感じません。サドルにはもうほとんど余裕がありませんので、更に弦高を落としたい場合にはネック角調整などの調整が必要になりそうです。フレットの減りはほとんど無く、ほぼ10割の高さが残っています。

ギルドらしいダイナミックなサウンドながら深みのある癒しのサウンドです!

ケースもオリジナルのハード・ケースが付属していますが、蓋を止める紐が切れているので140度くらいガバッと開いてしまいます。

SN:GF100166