HEADWAY HD-CUSTOM 2008年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

2008年楽器フェアー出展作品!!マホガニーらしい透明感のあるサウンドが秀逸なカスタム・モデル!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。作りの確かさとサウンド・クオリティー、トータルでのコスト・パフォーマンスに抜群の評価を受ける日本を代表するアコースティック・ギター・ブランドです。そんなヘッドウェイ・ギターにはアジア工場で生産されるユニバース・シリーズから、マスター・ルシアー百瀬恭夫氏が手掛ける完全ワンオフのカスタム・モデルまで、価格帯にして3万円台~100万円超えのものまで様々なモデルが存在しますが、どのモデルを取っても、その価格から考えられるクオリティーを遥かに上回るハイ・クオリティーな製品を世に送り出しています。今回入荷は2008年に開催された楽器フェアー用に制作された1本!百瀬氏の下で腕を磨くお弟子さんたちに因る腕試し的なカスタム・モデル!現在のアスカ・チーム・ビルトに繋がる貴重なカスタム・モデルです!

ヨーロピアン・スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ノーマル・シフト&ノン・スキャロップ・ブレーシング、実測43.5mmナット、644mmスケールのHDボディー。このモデル、2008年の楽器フェアーに向け、お弟子さんたちが思い思いのHDを1本づつ、計6本製作したようですが、こちらの個体は5 of 6。現在当店には1本目の個体もあり、比べてみるとなかなか面白いです。6本しか作られなかったギターが2本も同時に存在するなんて、なんて偶然!と思われるかも知れませんが、、、要は同じ方が新品を2本気に入りご購入されてたってオチです(笑)。こちらの個体は、シンプルなヘッド・ロゴにオープン・バック・ギア・チューナー、ソフトVシェイプ・ネックにロング・スロット・サドルなどなど、ルックス的にはプリ・ウォーD-18的な仕上がりになっていますが、サウンド的にはノン・スキャロップ・ブレーシングにローズウッド・ブリッジ・プレートなど、どちらかといえば70年代D-18を意識したような作りになっています。スノウフレイクス&スロッティッド・ダイヤモンド・インレイで何気なく個性を主張していますね(笑)。

サウンドはマホガニーらしい素朴で透明感のある美しいサウンド!スキャロップ・ブレーシングのような派手派手しい倍音感はありませんが、芯のしっかりとしたオーソドックスで優等生的なサウンドを響かせます。ノン・スキャ・マホの素朴で飾り気のないサウンドながら、そこはヘッドウェイ、フラットピックでかき鳴らせば驚くほどの爆音を轟かせます!立ち上がりが良く反応の良い出音に、芯の太いパワフルなサスティーンが加わり、18サウンドながら、ブルーグラスやカントリーにも充分使えそうなパワフルで存在感のあるサウンドを響かせます。フィンガーで爪弾けば、マホガニーらしい包容力抜群のしなやかで艶やかなサウンドを奏でますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、オールマイティーにお使い頂けるサウンドかと思います!

楽器のコンディションは殆どキズの無い、ほぼ新品同様の美品コンディション!光にかざして子細に眺めていけば、ピックの先で小突いたような極々小さいポチキズ程度はいくらか発見出来ますが、10年以上使われてきた楽器として見れば、余程キズに敏感な方でも許容できるであろうくらいに綺麗なコンディションを保っています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.7mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットは、1、2弦にいくらか弦の跡が付いている箇所がありますが、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

この値段で買えるアコギとしては、間違いなく最上級のサウンドかと思います!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:1993