HEADWAY 2010 Edition HD-115 2010年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

価格を遥かに超えた圧倒的なクオリティーとサウンド!!ヘッドウェイ2010年バージョンHD-115!!

その作りの確かさとサウンド・クオリティーには定評のあるヘッドウェイ・ギター。そんなヘッドウェイを代表する看板商品HD-115。昭和ヘッドウェイから名器と呼ばれてきたこのモデルは、再生産第1号モデルとして1999年に復活し、2009年からは毎年毎の限定モデルとして様々な進化を遂げたHD-115が限定生産されるようになりました。今回入荷は2010年エディションの1本。ボディー材の厚みを通常より厚くし更に剛性を上げ、長年弾き込んでいく事でその真価を発揮するように作られたヘッドウェイらしいスペックの1本です!

シトカ・スプルースTOP、インディアン・ローズウッドSIDE&BACK、アフリカン・マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ノーマル・シフト&ノン・スキャロップ・ブレーシング、実測44mmナット、644mmスケールのヘッドウェイ伝統のHDボディー。TOP、SIDE、BACKそれぞれを通常のHDよりも厚めに取ることで剛性を高めつつ、厚めの材ならではの芯が太くパンチの効いたサウンドに仕上がっています!

そのサウンドは野太く直進性に富んだパワフルなサウンド!スペックだけ読むと、最初はなかなか鳴らないんじゃないか?と懸念してしまうようなスペックですが、それをもろともせず鳴らし切ってしまうところがヘッドウェイの凄さですね!厚めの材にノン・スキャのブレーシングと聞くと、昭和ヘッドウェイの武骨なサウンドを想像したりもしますが、それともまた違い、洗練されたサウンドでありながら芯の太いエッジ感のあるサウンドでギラギラと咆哮します。フラットピックで掻き鳴らせば、直進性に富んだバリンバリンのパワフルなサウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾いても芯のしっかりとした出音に適度な倍音、サスティーンが加わり、重心の安定した美しいサウンドを響かせます!

楽器のコンディションはポツポツと小キズは点在していますが、ぱっと見に目立つようなキズは無く、年式から考えると非常に綺麗なコンディションを維持しています!前オーナーの方は指板近くで弾く癖があったのか、1弦側の指板脇にいくつかのポツキズとピッキング跡らしきものが見て取れます。その他ボディー・トップには米粒大にも満たないような小さいポチキズが3~4つ、ボディー・バックやヘッドにもポチッとしたキズが発見出来ますが、いずれのキズも光にかざして注意深く観察して初めて気付く程度の小さく浅いキズばかりですので、中古品として見て、特に気なるような箇所は無いかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.4mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットにいくらか弦の跡が付いている箇所がありますが、一番減っている箇所でもオリジナルの9割程度の高さは残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

当時定価は税抜19万円と驚異のコスパ・モデルだったため、中古でのプライスはこんなものかと思いますが、、、クオリティーから考えると信じられない作りとサウンド・クオリティーの絶対お買い得な逸品です!

オリジナル・ハード・ケース付き

ケースの外装の合皮が少し捲れていますが、ケースとしての機能には何ら問題ありません。

SN:3287