販売済みHEADWAY HC-CUSTOM Made by Momose 2009年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

杢目フェチも必見!!ギラッギラのフレイム・メイプルを使用したヘッドウェイ・カスタム・オーダー新品同様美品中古!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。作りの確かさとサウンド・クオリティー、トータルでのコスト・パフォーマンスに抜群の評価を受ける日本を代表するアコースティック・ギター・ブランドです。そんなヘッドウェイ・ギターにはアジア工場で生産されるユニバース・シリーズから、マスター・ルシアー百瀬恭夫氏が手掛ける完全ワンオフのカスタム・モデルまで、価格帯にして3万円台~100万円超えのものまで様々なモデルが存在しますが、どのモデルを取っても、その価格から考えられるクオリティーを遥かに上回るハイ・クオリティーな製品を世に送り出しています。今回入荷は2009年に百瀬氏が手掛けたカスタム・オーダー品!ちょっとびっくりするくらいの極上のフレイム・メイプルが使われた見た目もサウンドも華やかな逸品です!

ヨーロピアン・スプルースTOP、AAAフレイム・メイプルSIDE&BACK、ホンジュラス・マホガニーSIDE&BACK、エボニー指板&ブリッジ、フォワード・シフト・スキャロップ・ブレーシング、45mmナット、644mmスケールのオーディトリアム・カッタウェイ・ボディー。ちょうどこの頃百瀬氏が制作していたThe Momoseシリーズの最上位機種HMC-3を基に作られたカスタム・オーダー品になりますが、トップに入れられたアバロン・トリム&ロゼッタや他のモデルには無い鮮やかなチェリー・サンバーストの美しさにも目を奪われますが、、、何といっても圧巻はSIDE&BACK材!PRSで言えばプライベート・ストック級の超特級の極上フレイム・メイプルが惜しげもなく使われています。よくこんな凄い材が手に入ったものだと感心しますが、もしこれを今百瀬さんにお願いしたら、、、いやいや、もしマーチン社辺りでこのレベルのフレイム・メイプルを持っていたら、一体何十万のアップ・チャージを言い渡されるのかと思うと、この杢目だけで買っといた方が良いと思わせる極上の逸品ですよね!

サウンドはメイプルらしい硬質でエッジ感のある艶やかなサウンド!通常メイプル・ボディーのギターは鳴るまでに相当時間が掛かりますが、そこはヘッドウェイ!ほぼ使用感の無い新品同様状態でありながら、しっかりと芯のある爆音を響かせます。中低域はかなりソリッドでタイトな出音ですが、音量自体は充分で下手なドレッドノートを凌駕するくらいのパワー感があります。ソリッドで音の分離の良い中低域に、メイプルならではのコリッとした艶のある高音が絡み、他の素材では味わうことのできない艶やかで煌びやかなサウンドをご堪能頂けます。音圧も充分に有りますので、ストローク・プレイでも充分使えますが、やはりサウンド的にはソロ・プレイやフィンガー・プレイに合うと思います。芯のしっかりした艶やかな倍音を纏ったサウンドは、他の素材では出せない存在感のあるサウンドを主張します!

楽器のコンディションは、ほとんど使用感の無い新品同様の極上コンディションです!約10年前に作られた楽器とは到底信じられない、新品時の艶感もそのままの綺麗な状態を維持しています。光にかざして子細に眺めていくと、ボディー・トップにヘア・ライン状のうっすらとした擦り傷が1本だけ発見出来ますが、よっぽど粗探しに長けた方でなければ気づきもしないと思います(笑)。ボディー・バックにもわずかなスレ程度は有りますが、全体的に見て、キズに相当シビアな方でも大納得頂ける美品コンディションかと思います!

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側1.7mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能ですが、、、さすがにこれ以上弦高を落としたいという方も居ないでしょう。フレットはローフレットに僅かに弦の跡が付いている箇所がありますが、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

使っている材のグレード、現在の百瀬作品の値段などを考えると、絶対にお買い得な掘り出し物の逸品です!

ヘッドウェイ・ハード・ケース付き

SN:2295