HEADWAY HD-101 2009年頃
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

価格を超えた驚きのクオリティー!!ヘッドウェイHD-101爆鳴りの1本!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。作りの確かさとサウンド・クオリティー、トータルでのコスト・パフォーマンスに抜群の評価を受ける日本を代表するアコースティック・ギター・ブランドです。そんなヘッドウェイ・ギターにはアジア工場で生産されるユニバース・シリーズから、マスター・ルシアー百瀬恭夫氏が手掛ける完全ワンオフのカスタム・モデルまで、価格帯にして2万円台~100万円超えのものまで様々なモデルが存在しますが、どのモデルを取っても、その価格から考えられるクオリティーを遥かに上回るハイ・クオリティーな製品を世に送り出しています。今回入荷は2009年頃のHD-101。メイド・イン・ジャパン&オール単板ボディーというスペックながら、発売当時の税抜き定価は19万円という驚きのコスパ・モデルです!

ソリッド・スプルースTOP、ソリッド・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ノン・スキャロップ・ブレーシング、実測43.8mmナット、644mmスケールのHDボディー。ヘッドにはイーグル・インレイがあしらわれ、ポジション・マークはスノウフレイクス&スロッティッド・ダイヤモンド、ボディーにはヘリンボーン・トリムが巻かれた見た目もお値段以上の高級感溢れるモデルです!

そのサウンドは、ヘッドウェイらしい強直で爆発力満点のパワフル・サウンド!ガツンと力強く音が立ち上がり、ノン・スキャらしい野太い芯のある基音にエッジ感のきつめなサスティーンが絡み、この価格帯としては恐らく最強のパワフル・サウンドを響かせます。音のエッジ感はかなりきつめで、フラットピックで掻き鳴らせば、耳をつんざかんばかりのバリンバリンの轟音をお楽しみいただけます。フィンガーで爪弾いてもエッジ感のある粒立ちの良いサウンドが得られますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、お値段以上のヘッドウェイ・サウンドをご堪能頂けるかと思います!

楽器のコンディションもキズの少ないまずまずの美品コンディションです!細かく見ていくと、ボディー・トップには米粒大の打痕が2~3あり、指板脇にクラック・リペアー跡、SIDE&BACKにはスレ程度の使用感はありますが、全体で見れば充分美品コンディションと言えるでしょう。クラック・リペアー跡は、6弦側の指板脇からサウンドホールに掛けてクラックが入り、接着修理されています。現在はしっかり接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありません。見た目的にもほとんど目立たないので、言われなければ気付きもしないんじゃないかと思います。ブリッジ下の打痕は見る角度によっては少し目立ちますので、キズは絶対イヤという方には不向きですが、中古品として考えれば、他が綺麗なだけに少し目立つ程度で、まず気になるようなレベルでは無いでしょう。過去にPUを搭載していた時期があるようで、エンドピンはローデン・タイプのオーバー・サイズにリプレイスされています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側1.7mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにはもうあまり余裕はありませんが、さすがにこれ以上弦高を落とす必要も無いでしょう。フレットはローフレットにいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8~9割程度の高さが残っています。

ベテランの方のセカンド・ギターとしても充分使えるハイ・クオリティーな1本です!

ケースはオリジナルのライト・ケースが付属します。

SN:2642