HEADWAY HD-108 1981年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

稀少な昭和ヘッドウェイ!!剛直でパワフルな鳴り!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。1977年創業のヘッドウェイ・ギターはいつの時代もその価格からは想像を遥かに超えるハイ・クオリティーな製品を世に送り出してきた日本を代表する、アコースティック・ギターのトップ・ブランドです。そんなヘッドウェイも1983年に起きた、2度に渡る工場火災に因り、一時期アコースティック・ギターの生産を中止せざるを得ない状況に追い込まれます。その後、多くのファンからの熱い想いに応える形で1999年に復活を遂げ、以降現在に至るまで高品質でハイ・コスト・パフォーマンスな製品を世に送り出しています。今回入荷は工場火災前の1981年製のHD-108。第一期ともいえる昭和ヘッドウェイは実質6年間しか生産されておらず、今なお昭和ヘッドウェイを探しているファンも多い、貴重な時代の1本です!

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測43.2mmナット、644mmスケールのヘリンボーン・ドレッドノート。ブレーシングはもちろんノン・スキャロップ・ブレーシングですが、トーン・バーの削り方を少し変えるなど、SIDE&BACK合板でもしっかりとパワフルに鳴るヘッドウェイらしい小技の効いた秀作です!

そのサウンドはいかにも昭和ヘッドウェイ・サウンド!と言いたくなるような剛直でストレートに咆哮するパワフル・サウンド!音のエッジ感は、SIDE&BACK合板らしい少し荒削りなエッジ感になっていますが、音量自体はオール単板モデルにも引けを取らないパワフルなサウンドになっています。高級ギターのような優美なサウンドとは言えませんが、ブライトで音の粒立ちも良くエッジ感のあるサウンドは、この価格帯にしては充分に納得できるサウンドかと思います。フラットピックで掻き鳴らせば、バリンバリンとエッジのきつい豪快なパワフル・サウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾いても粒立ちが良く、適度なサスティーンを伴った切れのあるサウンドが得られますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、オールマイティーにお使い頂けるサウンドかと思います!

楽器のコンディションは、年式なりの小キズや使用感などありますが、弾く為の楽器としては、ばっちり調整が行き届いています。ボディー・トップには年式なりの打痕や擦り傷など多数ありますが、ほとんどが近くに寄って見ないと気付かないようなキズばかりですので、年代物としては全く問題にならないでしょう。SIDEの打痕は、塗膜が少し白くなっているので、少し離れてもそれと判りますが、まぁこちらも年式から考えると致し方ないところでしょう。バックは比較的綺麗です。ネック裏には少しカポの跡が付いていますが、こちらも演奏上は全く気にならないかと思います。ペグは何回か交換されたようで、いくつかのネジ穴埋め跡がありますが、現在はオリジナルのペグに戻されています。過去にPUを搭載していた時期があったようで、エンドピンは現在はオーバーサイズの物に交換されています。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにはもうあまり余裕はありませんが、ヘッドウェイのネックの剛性などから考えても、今後お使い頂くのには何ら問題無いかと思います。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8割程度の高さは残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

初心者の方のエントリー・モデルとしても(ちょっと贅沢すぎるようにも思いますが、、笑、笑)オススメですし、ベテランの方のセカンド・ギターとしても充分使用に耐え得るクオリティーを持った1本!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:5582