販売済HEADWAY HD-110 2001年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

昭和の香りを色濃く残すヘッドウェイ再稼働直後の逸品!!

日本を代表するアコースティック・ギター・メーカー、ヘッドウェイ。マスター・ルシアーである百瀬恭夫氏のギター製作に対する理念、ポリシーを頑なに守り、高品質でコスト・パフォーマンス性にも優れた作品を次々と発表している、アコースティック・ギター・メーカーのトップ・ブランドの一つです。そんなヘッドウェイは1977年に創業し、数々の名モデルを世に送り出してきましたが、1983年、2度にわたる工場火災によりアコースティック・ギターの生産を中止し、20年近く沈黙を守り続けてきました。しかし昭和ヘッドウェイの素晴らしさを知る多くのファンからの熱い要望を受け、2000年に遂にアコースティック・ギター製作が再稼働しました。今回入荷は再稼働間もない2001年のHD-110。ヘッドウェイ復活第二弾モデルとして生産されたモデルですが、何とその1本目に当たる個体です!

ソリッド・シトカ・スプルースTOP、ソリッド・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ノーマル・シフト・ノン・スキャロップ・ブレーシング、メイプル・ブリッジ・プレート、実測42.9mmナット、644mmスケールのドレッドノート・ボディー。昭和のHD-110との相違点は、オール単板ボディーにグレードアップした点と、ブリッジ・プレートがメイプルに変更になった点で、よりダイナミックでパワフルなサウンドがご堪能頂けます!しかも今回入荷の個体はこのHD-110モデルの何と1本目!ヘッドウェイ復活第一弾モデルはHD-115でした。このHD-115は128本限定で生産され、シリアル・ナンバー000001~000128まではこのHD-115に割り振られました。で、今回入荷の個体はシリアル000129なんですね。ヘッドウェイの出荷リストを辿っても、HD-115を全て作り終える前にこのHD-110の生産は始まっているようなので、今回入荷の個体は再生産後間もない頃に作られた1本という事になります。

サウンドは昭和ヘッドウェイ譲りの剛直でパワフルな骨太サウンド!この頃はまだ近年のようなフォワード・シフトやスキャロップ・ブレーシングなどは作られておらず、ブレーシング・パターンは昭和ヘッドウェイの延長線上にありますので、当然と言えば当然ですが、サウンドにも昭和ヘッドウェイの趣が色濃く残っています。しかしブリッジ・プレートをメイプルに変更するなどの改良はされていますので、よりダイナミックに遠鳴りするサウンドに仕上げられた印象です。豪快に骨太に咆哮するサウンドは、フラットピックでの演奏には持って来いのサウンドですが、適度なサスティーン、倍音もしっかりありますので、フィンガーで爪弾いても、ソロの単音弾きでもしっかりと存在感のあるサウンドを奏でます。あらゆるジャンルやプレイ・スタイルに対応できるオールマイティーなサウンドかと思います!

楽器のコンディションは、およそ20年前に作られた楽器とは思えない美品コンディションを保ってます!光にかざして子細に見ていくと、ボディー・トップには米粒大にも満たないような小さな打痕が3つ~4つ、ボディー・バックにスレ程度の僅かな擦り傷くらいは発見出来ますが、ぱっと見に目立つようなキズも無く、ほぼほぼ新品同様と言えるくらい綺麗なコンディションを保っています。6弦側のブリッジ下にある打痕は、見る角度によって白っぽく浮き出て見えるので、ここだけが唯一少しだけ目立つでしょうか、、塗装が全体的に少し焼けて渋い佇まいになっていますので、経年感も無くは無いですが、2001年製のギターでこの状態なら文句は無いでしょう(笑)。。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.2mm程度にセッティングされています。サドルにはもうあまり余裕はありませんが、1弦側は2.0mmくらいまでなら落とせそうです。フレットの減りもほとんど無く、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

再生産直後の1本という事で、制作のほとんどに百瀬さんが係わっていることを考えると、お値段以上の価値ある1本かと思います!

ケースはヘッドウェイのハード・ケースが付属しますが、年代が少し違うように思います。

SN:129