HEADWAY HD-112 1978年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

昭和ヘッドウェイ初期の名作!!HD-115と同スペックのHD-112レア・モデル!!

その作りの精巧さとサウンド・クオリティーから高い評価を受けるヘッドウェイ。77年~83年まで生産されていた昭和時代のヘッドウェイはその稀少性からジャパン・ビンテージの中でも特に人気が有ります。今回入荷はそんなヘッドウェイ立ち上げ時の最高級モデルとしてリリースされていたHD-112!後にHD-115が登場し、ヘッドウェイを代表する人気モデルとなりましたが、その前身的な要素も強い、昭和ヘッドウェイ初期の名作です!

スプルース単板TOP、ローズウッド単板SIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、クルーソンGS-501Vゴールド・ペグ、スロッティッド・ダイヤモンド・インレイ、塗り込みブラックPG、ヘリンボーン・トリム、ノン・スキャロップ・ブレーシング、43mmナット、644mmスケールのドレッドノート・ボディー。後に発売され、今なおヘッドウェイの看板商品として君臨する事になるHD-115は、このモデルのトップにアンバーの色を付け、PGを本べっ甲に変更したモデルとなりますので、サウンドを決定付けるところのスペックは同じという事になります。

そのサウンドは昭和ヘッドウェイらしい野太くパワフルなサウンド!立ち上がりが良く芯の太い出音で、ストレートに音が前に飛んで行く感覚で、いわゆる遠鳴りのするサウンドです。ただ野太いだけではなく、中低域の弾力性、高音部の煌びやかさも感じられ、パワフルながらバランスの取れたサウンドですので、フラットピックは勿論の事、フィンガーで爪弾いても存在感のあるサウンドを奏で、オールマイティーにお使い頂けるサウンドです!

楽器のコンディションも年式から考えると非常に綺麗なコンディションを保っています!塗装の焼けも少なく、パッと見に目立つようなキズも無く、およそ40年近く前に作られた楽器とは思えない程、綺麗で、極上コンディションと言えるでしょう。光にかざして仔細に眺めていくと、ボディー・トップにはピックで小突いたような細かいコチキズが幾つか有り、ボディー・サイド1弦側の肩部に米粒の半分くらいの打痕が1つ、ボディー・バックにもいくらかのスリキズや打痕は散見出来ます。また、ネックの1、2フレット裏あたりにコチンとぶつけたキズがあり、2フレット裏の方はやや深めのキズになっています。しかしながら演奏上引っ掛かったり邪魔になったりという事はありません。過去にPUを搭載していた時期もあるようで、エンドピンはオーバーサイズの物に交換されています。細かく記述していくとこんな感じですが、年式から考えるとなかなか無い美品コンディションには間違いありません!

ネック・コンディションも良好でビシッと綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕が有りますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8割程度の高さは残っていますので、まだまだリフレットの心配もありません。

生産台数から考えればHD-115よりも更に稀少でレアなコレクターズ・アイテム!3桁シリアルという点もマニア心をくすぐりますね!現在の昭和HD-115の相場から考えると絶対お値打ちな逸品ですよ!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:858