HEADWAY HD-113DX Ver.4 2016年製

HOLD(現在商談中です)

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

幻のキューバン・マホを使った話題作!!キューバン・マホ尽くしのバージョン4!!

1999年のヘッドウェイ復活以降、マスタールシアー百瀬恭夫氏の下でキャリアを積み、特に百瀬氏に認められた数名のスタッフで制作されるアスカ・チーム・ビルト・シリーズ。カスタム・ショップ・モデルも制作する安井雅人氏や降幡新氏を含むATB作品は年々その制度を上げ、今や師匠百瀬氏に肉薄する素晴らしい作品を次々と世に送り出しています!

今回入荷はHD-113DX Ver.4。元々は2014年の楽器フェアーに展示された百瀬氏作のキューバン・マホガニー使用のカスタム・モデルが超話題となり、その後アスカ・チーム・ビルトからもリリースされる事になったのがHD-113Deluxe。Ver.1は2014年末に6本のみ製作され年明けとともに完売。あまりの反響の大きさに遂にバージョン6まで作られた、ここ数年では一番人気と話題を集めたモデルです。しかしこのキューバン・マホ・シリーズは、それぞれの生産量は少なく、市場にもあまり出てこない希少なアイテムとなっております。今回入荷は2016年に作られたバージョン4。ネックまでキューバン・マホが使用されたキューバン・マホガニー尽くしの逸品です!

アディロンダック・スプルースTOP、キューバン・マホガニーSIDE&BACK、キューバン・マホガニーNECK、フォワード・シフト・スキャロップ・ブレーシング、実測43.3mmナット、644mmスケールのヘッドウェイ伝統のHDボディー。キューバン・マホガニーの爆発力のあるサウンドが際立つ名作です!

そのサウンドは反応が良くパンチの効いたパワフル・サウンド!通常のホンジュラス・マホガニーなどと比べるとかなりアタッキーで芯が太く、押し出しの強い存在感のあるサウンドです。マホらしい軽くレスポンスの良いサウンドは同じですが、そこに切れのあるエッジ感と、華やかな倍音感が加わり、マホであってマホでないような独特のラウド感と煌びやかさを兼ね備えた秀逸なサウンドです!マホの柔らかく包み込むような癒し系のサウンドをお探しの方には不向きかも知れませんが、マホ・サウンドが好きだけど、もうひとパンチ欲しいと思っているような方にはドンピシャのサウンドかと思います!また、音の反応が非常に良く、ピッキング・ニュアンスを正確に発音してくれますので、ピッキング・コントロールがし易く、表現力も更に広がります!

楽器のコンディションは、パッと見にはほとんどキズの無い新品同様に見えますが、子細に見ていくと、いくらか目立つキズも点在しています。まず、ボディー・トップの6弦側肩部に何か硬いもので引っ掻いたような2cm弱と1cm強の線状のキズがあります。塗装も凹んでいますので、触るとガサツキを感じますが、見た目は意外に目立ちません。その他にも米粒にも満たないくらいの小さく浅い打痕がいくつかあり、ボディー・バックにはいくらかスレが見られますが、上記線状のキズ以外はまず気になるレベルでは無いかと思います。また、ヘッドの角をぶつけたか擦ったかしたようで、塗装が白くなっている箇所があります。木部までは凹んでいませんが、塗膜が白くなっているのでいくらか目立ちます。それ以外は取り立てて気になるようなキズやダメージは無く、トータルで見れば充分美品コンディションと言えるコンディションかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側1.9mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットに僅かな減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの9割以上の高さは残っています。

余りの反響の大きさにヘッドウェイ所有のキューバン・マホはほぼ使い果たされてしまって様です(笑)。幻と言われたキューバン・マホ・サウンドを是非お試しあれ!

新品時定価¥453.600

ケースはオリジナル・ハード・ケースが付属しますが、取っ手の巻き革がほつれて鉄板が剥き出しになっています。が、持ち運びには何ら問題ありません。

SN:A01059