販売済HEADWAY HD-113 DX Ver.4 Cuban Mahogany/ATB 2016年製

SOLD OUT

 

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

幻のキューバン・マホを使った話題作!!キューバン・マホ尽くしのバージョン4!!

1999年のヘッドウェイ復活以降、マスタールシアー百瀬恭夫氏の下でキャリアを積み、特に百瀬氏に認められた数名のスタッフで製作されるアスカ・チーム・ビルト・シリーズ。カスタム・ショップ・モデルも製作する安井雅人氏や降幡新氏を含むATB作品は年々その制度を上げ、今や師匠百瀬氏に肉薄する素晴らしい作品を次々と世に送り出しています!

今回入荷はHD-113DX Ver.4。元々は2014年の楽器フェアーに展示された百瀬氏作のキューバン・マホガニー使用のカスタム・モデルが超話題となり、その後アスカ・チーム・ビルトからもリリースされる事になったのがHD-113Deluxe。Ver.1は2014年末に6本のみ製作され年明けとともに完売。あまりの反響の大きさに遂にバージョン6まで作られた、ここ数年では一番人気と話題を集めたモデルです。しかしこのキューバン・マホ・シリーズは、それぞれの生産量は少なく、市場にもあまり出てこない稀少なアイテムとなっております。今回入荷は2016年に作られたバージョン4。ネックまでキューバン・マホが使用されたキューバン・マホガニー尽くしの逸品です!

アディロンダック・スプルースTOP、キューバン・マホガニーSIDE&BACK、キューバン・マホガニーNECK、フォワード・シフト・スキャロップ・ブレーシング、実測43.3mmナット、644mmスケールのヘッドウェイ伝統のHDボディー。キューバン・マホガニーの爆発力のあるサウンドが際立つ名作です!

そのサウンドは反応が良くパンチの効いたパワフル・サウンド!通常のホンジュラス・マホガニーなどと比べるとかなりアタッキーで芯が太く、押し出しの強い存在感のあるサウンドです。マホらしい軽くレスポンスの良いサウンドは同じですが、そこに切れのあるエッジ感と、華やかな倍音感が加わり、マホであってマホでないような独特のラウド感と煌びやかさを兼ね備えた秀逸なサウンドです!マホの柔らかく包み込むような癒し系のサウンドをお探しの方には不向きかも知れませんが、マホ・サウンドが好きだけど、もうひとパンチ欲しいと思っているような方にはドンピシャのサウンドかと思います!また、音の反応が非常に良く、ピッキング・ニュアンスを正確に発音してくれますので、ピッキング・コントロールがし易く、表現力の幅も更に広がります!

楽器のコンディションは、パッと見にはほとんどキズの無いほぼ新品同様のコンディションですが、細かく見ていくと、いくつかのキズが発見出来ます。まず一番分かりやすいのがヘッド先端のキズ。どこかにコツンとぶつけてしまったようで、3弦側のヘッド裏の角に3mmほど塗装がチップした箇所があります。しかし普段演奏する際にはまず目が行かないところですから、そんなには気にならないかと思います。また、チューナーをヘッド先端に取り付けたり外したりしていたようで、ヘッド先端角には少し擦れたような跡も見て取れます。ボディーの方にはボディー・トップの1弦側PG脇に2mmほどの浅いコチキズが2つ、6弦側のサウンドホール脇に1mmにも満たないような小さいキズが1つ見つかりますが、これらのキズは光の反射でかなり注意深く見てようやく発見出来る程度の些細なキズですので、キズに敏感な方でも充分許容頂ける範囲かと思います。ボディー・バックにもスレ程度のうっすらとした擦り傷が2本見つかりますが、こちらも指摘されない限り気付きもしない程度のモノですので、トータルで見れば中古品としては充分美品コンディションと言えるかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側1.5mm程度と非常に低い設定になっています。ここまで弦高を下げてもサウンドが全然へたらないのもヘッドウェイならではの凄さですね!サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットの減りもほとんど無く、ほぼ10割の高さが残っています。

余りの反響の大きさにヘッドウェイ所有のキューバン・マホはこのシリーズでほぼ使い果たされてしまった様です(笑)。幻と言われたキューバン・マホ・サウンドを是非お試しあれ!

新品時定価¥420.000+税

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:A01060