HEADWAY HD-180 A/S Custom Made by Momose 2017年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

某ショップ・オーダーの百瀬氏作アディロン/シンガポール・マホ!!新品同様の極上中古が入荷です!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。作りの確かさとサウンド・クオリティー、トータルでのコスト・パフォーマンスに抜群の評価を受ける日本を代表するアコースティック・ギター・ブランドです。そんなヘッドウェイ・ギターにはアジア工場で生産されるユニバース・シリーズから、マスター・ルシアー百瀬恭夫氏が手掛ける完全ワンオフのカスタム・モデルまで、価格帯にして2万円台~100万円超えのものまで様々なモデルが存在しますが、どのモデルを取っても、その価格から考えられるクオリティーを遥かに上回るハイ・クオリティーな製品を世に送り出しています。

今回入荷は都内某ショップがカスタム・オーダーした百瀬氏作のカスタム・モデル。SIDE&BACKに稀少なシンガポール・マホガニーを使用し、バック・センターにはマダガスカル・ローズウッドを挟み込んだ、他ではちょっと見ない個性的なスペックの逸品です!

アディロンダック・スプルースTOP、シンガポール・マホガニーSIDE&BACK(バック・センター、マダガスカル・ローズウッド)、ホンジュラス・マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、1939年スタイル・リア・シフト・スキャロップ・ブレーシング、実測43mmナット、645mmスケールのドレッドノート・ボディー。シンガポール・マホガニーはキューバン・マホガニーをシンガポールに植林した材ですが、気候の違いのせいかそのサウンドはまた一種独特なものになります。

シンガポール・マホは、カリンとアタッキーなキューバン・マホと、ふくよかで柔軟なサウンドのホンジュラス・マホの丁度中間的なサウンドになります。レスポンスが良く、立ち上がりの良い出音にマホガニーらしいすっきりとしたサスティーンで、美しく透明感のあるサウンドを奏でます!キューバン・マホのような押し出しの強いバリンッとしたエッジ感もありますが、ホン・マホのような懐の深い奥行きのあるしなり感も併せ持っていて、マホガニー・サウンドの醍醐味を存分に味わって頂ける事と思います。キューバン・マホが幻の逸材として近年大きな話題となりましたが、マホガニー好きのプレイヤーにはシンガポール・マホこそが理想のマホガニー材と言うファンも多く、実際とてもバランスの良い材かと思います。まぁサウンドは各人好みがありますので、ホン・マホが好きな人、キューバン最強!という人、、それぞれですが、ちょうど中間的なサウンドで、ある意味いいとこ取りなサウンドと言えるかと思います!バック・センターに挟まれたマダガスカル・ローズウッドは、しっかりと芯のある低域に効果が出ているように感じます。

楽器のコンディションは、およそ使用感の無い新品同様の極上コンディションです!光にかざして子細に眺めて見てもキズらしいキズ一つ見つかりません。PGに光を当ててよくよく見ると、極うっすらとしたピッキング跡らしきモノが見えなくもないですが、店頭で試奏された新品よりは全然綺麗かと思います(笑)。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットの減りも皆無で、まんま10割の高さが残っています。

実際ファースト・オーナーの方はお買い上げ後ほとんど弾いてないと思われるまんま新品状態の逸品!こだわりスペックの百瀬作でこのお値段は、超絶お買い得な逸品かと思います!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:3051