HEADWAY HD-180GS Custom Made by Momose 2018年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

2018年制作の百瀬氏作品が早くも新品同様極美品コンディションにて入荷しました!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。作りの確かさとサウンド・クオリティー、トータルでのコスト・パフォーマンスに抜群の評価を受ける日本を代表するアコースティック・ギター・ブランドです。そんなヘッドウェイ・ギターにはアジア工場で生産されるユニバース・シリーズから、マスター・ルシアー百瀬恭夫氏が手掛ける完全ワンオフのカスタム・モデルまで、価格帯にして3万円台~100万円超えのものまで様々なモデルが存在しますが、どのモデルを取っても、その価格から考えられるクオリティーを遥かに上回るハイ・クオリティーな製品を世に送り出しています。今回入荷は2018年に百瀬氏が手掛けたカスタム・モデル!東京・杉並に店舗を構えるラスト・ギターさんのカスタム・オーダー・モデルで、稀少材の組み合わせが絶妙な素晴らしい出来栄えの1本です!

セレクティッド・ベアクロウ・ジャーマン・スプルースTOP、セレクティッド・シンガポール・マホガニーSIDE&BACK(バック・センター・ローズウッド)、ホンジュラス・マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ロング・スロット・サドル、セミ・フォワード・シフト・スキャロップ・ブレーシング、43mmナット、645mmスケールのドレッドノート・ボディー。ピックガードやサウンドホール・ロゼッタはマダガスカル・ローズウッドが使用され、トップの上品なベアクロウやSIDE&BACKのシンガポール・マホガニーの美しい杢目と相まって、ウッディーで落ち着きのある大人の優美さを纏ったギターに仕上げられています!

サウンドはヘッドウェイらしい爆発力のあるパワフルなサウンドながら、近年の百瀬作品に感じられる音の深み、渋み、奥行き感なども充分に表現されていて、ただパワフルなだけではない、懐の深いサウンドを響かせます!シンガポール・マホガニーという材は、幻のマホガニーと言われるキューバン・マホをシンガポールに植林した材で、サウンド的には甘く包容力に富んだホンジュラス・マホと、アタッキーで攻撃力のあるキューバン・マホのちょうど中間的なサウンドになります。キューバンのようなブライトな煌びやかさがありながらも、ホンジュラスのような懐の深い音のしなり感も有り、マホ好きの間ではシンガポール・マホこそ理想のマホガニー・サウンドと評するファンも多いです。そんなシンガポール・マホのマホガニー・サウンドと、ジャーマン・スプルースの煌びやかでありながら柔らかい艶のあるサウンドがタッグを組み、力強くも繊細、煌びやかでありながら音の弾力性も豊富な、素晴らしいサウンドに仕上げられています。フラットピックでかき鳴らせば、ヘッドウェイらしい骨太で押し出しの強いパワフル・サウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾けば一転、粒立ちが良く煌びやかで艶やかな、それでいて甘くしなやかなサウンドを奏でます。弾き手のプレイ・スタイルやピッキングの強弱で様々な顔を見せてくれるサウンドに虜になること間違いなしの素晴らしいサウンドを是非ご堪能下さい!

楽器のコンディションはほとんどキズの無い新品同様の極美品コンディションです!光にかざして子細に眺めてみてもキズらしいキズ一つ無く、新品と言って出されても何ら違和感を感じない新品同様っぷりです。それでも目を皿のようにして、何とか粗を探そうとすれば、ボディー・バックに衣服で擦れたようなスレ程度のものが数本見えなくも無いですが、、こんなの店頭展示品でも必死で探せば見つかる程度のモノですね(笑)。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕があります。フレットは、2弦1フレットに僅かに弦の跡が付いています。ここにだけ唯一使用感を感じますね(笑)。。とは言え、ほんの僅かに凹んでいる程度なので、フレットの高さもほぼほぼ10割の高さが残っています。

年々オーダーが難しくなってきた百瀬氏のギター。ほぼ新品と変わらね状態でこのお値段は絶対お買い得かと思います!

新品時価格¥648.000

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:3091