HEADWAY HD-210 1982年頃
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

年式から考えると恐ろしく綺麗な極上ビンテージ!!ヘッドウェイ流D-41スタイル、HD-210の入荷です!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。1977年創業のヘッドウェイ・ギターはいつの時代もその価格からは想像を遥かに超えるハイ・クオリティーな製品を世に送り出してきた日本を代表する、アコースティック・ギターのトップ・ブランドです。そんなヘッドウェイも1983年に起きた、2度に渡る工場火災に因り、一時期アコースティック・ギターの生産を中止せざるを得ない状況に追い込まれます。その後、多くのファンからの熱い想いに応える形で1999年に復活を遂げ、以降現在に至るまで高品質でハイ・コスト・パフォーマンスな製品を世に送り出しています。今回入荷は工場火災前の1982年頃のHD-210。第一期ともいえる昭和ヘッドウェイは実質6年間しか生産されておらず、今なお昭和ヘッドウェイを探しているファンも多い貴重な時代の1本です!

ソリッド・ジャーマン・スプルースTOP、ラミネイト・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ノン・スキャロップ・ブレーシング、実測43.2mmナット、644mmスケールのD-41スタイル。41スタイルのヘキサゴン・インレイやアバロン・トリム&ロゼッタには本物の貝が使用され、見た目も豪華な1本!昭和ヘッドウェイでは18スタイルや28スタイルにはシトカ・スプルースを使用し、この210のような貝巻きモデルにはジャーマン・スプルースを使用して、サウンド・キャラクターを変えていたのも特筆すべき点かと思います。この時代に既に28と40番台のサウンド・キャラクターの違いを分かって作っていたメーカーは他にはあまり思い当たりませんよね!

サウンドはヘッドウェイらしいトルク感満点のパワフル・サウンドに、ジャーマン・トップならではの音のしなり感が加わり、なるほど41スタイルらしいサウンドになっています!もちろんマーチンのような柔らかな弾力性のあるサウンドに比べると、いかにも日本の質実剛健なサウンドですが、ゴンゴンとパワフルに響くサウンドの中にも貝巻きモデルらしい倍音感とふくよかさが加味されています。フラットピックで搔き鳴らせば、ヘッドウェイならではの押し出しの強い直進性に富んだ爆音を響かせますが、フィンガーで爪弾けば貝巻きモデルならではの艶のある倍音感豊かなサウンドに、しっかりとした基音のある中低域が絡み、芯のしっかりした、それでいて優美なサスティーンを纏った美しいサウンドが得られますので、あらゆるジャンルやプレイ・スタイルでお値段を遥かに超えたハイクオリティーなサウンドをお楽しみ頂ける事と思います!

楽器のコンディションは、小キズこそちらほら発見出来ますが、遠目にも目立つような派手なキズやダメージは無く、年式から考えると素晴らしいコンディションを維持しています!ボディーにはポツポツとピックで小突いたような小キズやうっすらとした打痕が3つ4つ確認できますが、ほとんどのキズが光の反射で見て初めて気付く程度の小さく浅いキズばかりですので、40年以上前に作られた楽器として見れば、ほぼ無傷と呼べる状態かと思います。サイドやバックにもスレ程度の擦り傷が数本確認できますが、こちらも余程神経質に見ない限り気にもならないかと思います。よくよく見るとブリッジにはカリカリと引っ掻いたようなキズがいくつかありますが、こちらも光の反射で見て初めて気付く程度なので、まず気になる事も無いでしょう。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.3mm、1弦側1.9mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにはもうほとんど余裕がありませんが、現状でもプレイヤビリティー抜群かと思います。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8割程度の高さが残っています。

純国産でこのスペック、、、今となっては絶対こんな値段では出来ない事を考えると超絶お買い得な逸品かと思います!ヘッドウェイ・ファンのみならず、手頃でしっかりとしたギターをお探しの方にもオススメの「お値段以上ヘッドウェイ」です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:7581