HEADWAY HD-305 1982年頃
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

昭和ヘッドウェイの隠れた名器!!マホガニー・ボディーHD-305!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。1977年創業のヘッドウェイ・ギターはいつの時代もその価格からは想像を遥かに超えるハイ・クオリティーな製品を世に送り出してきた日本を代表する、アコースティック・ギターのトップ・ブランドです。そんなヘッドウェイも1983年に起きた、2度に渡る工場火災に因り、一時期アコースティック・ギターの生産を中止せざるを得ない状況に追い込まれます。その後、多くのファンからの熱い想いに応える形で1999年に復活を遂げ、以降現在に至るまで高品質でハイ・コスト・パフォーマンスな製品を世に送り出しています。今回入荷は工場火災前の1982年頃のHD-305。第一期ともいえる昭和ヘッドウェイは実質6年間しか生産されておらず、今なお昭和ヘッドウェイを探しているファンも多い、貴重な時代の1本です!

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・マホガニーSIDE&BACK、ナトーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、ノン・スキャロップ・ブレーシング、実測43.1mmナット、644mmスケールのドレッドノート・ボディー。昭和ヘッドウェイはそのほとんどのモデルがローズウッドSIDE&BACKですが、マホSIDE&BACKの305と308も意外に人気が高く、305や308ばかりを収集するファンもいるくらい、昭和ヘッドウェイの隠れた名器と言われています!

そのサウンドは、奇をてらわない素直で実直な安定のサウンド!決して派手派手しいサウンドではありませんが、マホガニー・ボディーのクリアーで温かみのあるサウンドがしっかりと表現されています。305の方はSIDE&BACKは合板ですが、弾いている印象だと全く合板感を感じません。音質的にも音量的にもオール単板ボディーと遜色ないクオリティーのサウンドかと思います。308の方はオール単板ボディーですが、正直そんなに大きな違いは感じられず、305でも充分マホガニー・サウンドの醍醐味を味わう事が出来るように思います。フラットピックで掻き鳴らせば、ノン・スキャならではの密度の高いパワフルなサウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾いても適度なサスティーンを伴った透明感のあるサウンドを奏でますので、あらゆるジャンルやプレイ・スタイルで素朴で優しいマホガニー・サウンドをご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションは、年式から考えると非常に綺麗なコンディションを維持していますが、ボディー・トップにいくつか特徴的なキズが散見出来ます。まず6弦側の膨らみ部分、弾く時に丁度腕で隠れる辺りに2mmほどの深めのキズがあり、白く見えますので少し目立ちます。キズ自体はタッチアップされていますので、表面上はフラットになっていますが、打痕にウッドパテでも埋めてからタッチアップしたのか?キズが白く見え逆に目立ちます。そしてその横、トップとサイドとの境目付近に4cmほどガリガリと塗装がチップしたキズがあります。恐らく横からの衝撃で角の塗膜がチップしたものと思われます。手で触るとガサツキを感じますが、チップした箇所は接着剤を沁み込ませて止めていますので、今後ここから塗装がポロポロと剥がれてくるような事は無いかと思います。その他にもほとんど目立たない小さいポチキズがいくつか発見出来ますが、ほとんどのキズは丁寧にタッチアップされていますので、上記2つのキズ以外は取り立てて気になるようなキズは無いかと思います。SIDE&BACKからネック、ヘッドに掛けては、いくらかのスレ程度のキズが見つかるくらいで、ほとんどキズの無い綺麗なコンディションを維持しています。ヘッド・トップはジャパン・ビンテージに付きものの白濁傾向が少し見られますが、まぁ気になる程でもないと思います。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.6mm、1弦側2.1mm程度とベストなセッティングになっています。サドルは1、6弦側共に1mmくらいしか余裕がありませんので、あまり低めの弦高には出来そうもありませんが、現状でも充分プレイヤビリティー良好かと思います。フレットは特に気になるような凹みも無く、まだ充分な高さが残っています。

昭和ヘッドウェイは入荷してもいつも直ぐに売れてしまいます。お探しだった方はお早めご検討下さい!この値段で買えるギターとしては最上級のサウンド・クオリティーかと思いますよ!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:8425