HEADWAY HD-512 1981年頃
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

稀少!!昭和ヘッドウェイの中上位機種HD-512の入荷です!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。1977年創業のヘッドウェイ・ギターはいつの時代もその価格からは想像を遥かに超えるハイ・クオリティーな製品を世に送り出してきた日本を代表する、アコースティック・ギターのトップ・ブランドです。そんなヘッドウェイも1983年に起きた、2度に渡る工場火災に因り、一時期アコースティック・ギターの生産を中止せざるを得ない状況に追い込まれます。その後、多くのファンからの熱い想いに応える形で1999年に復活を遂げ、以降現在に至るまで高品質でハイ・コスト・パフォーマンスな製品を世に送り出しています。今回入荷は工場火災前の1981年頃のHD-512。第一期ともいえる昭和ヘッドウェイは実質6年間しか生産されておらず、今なお昭和ヘッドウェイを探しているファンも多い貴重な時代の1本で、しかも500番シリーズは1980年後半から発売を開始したシリーズですので、現存する個体数も少ないマニア必見のレア・モデルです!

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・ローズウッドSIDE、ソリッド・ローズウッドBACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ノン・スキャロップ・ブレーシング、実測43.1mmナット、646mmスケールのドレッドノート・ボディー。500番シリーズは、マーチン・レプリカから脱却し、オリジナル・スタイルを確立しようとしたヘッドウェイ・オリジナルのラインナップで、アーチ型のヘッドにフラッグ・ロゴ、ひよこ型のPGなど、後のヘッドウェイの多彩なラインナップの礎ともなった名シリーズです!

そのサウンドは昭和ヘッドウェイらしいパワフルでトルク感の強い野太いサウンド!バリンと豪快に音が立ち上がり、ゴンゴンと芯の太い密度の高いサウンドを響かせます。サイドが合板という事もあり、音の直進性も優れていて、遠達性の高いサウンドになっています。フラットピックで搔き鳴らせば、ずっしりとした重量感のある密度の高いサウンドが得られますし、フィンガーで爪弾いても芯のしっかりとした適度なサスティーンを伴ったサウンドが得られますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、昭和ヘッドウェイ・サウンドの醍醐味を余すこと無く存分にご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションはちょっとしたキズや使用感、経年感などありますが、年式から考えればまずまず綺麗なコンディションを維持しています。比較的目立つキズとしては、ボディー・トップの1弦ブリッジ下辺りに3mmほどの打痕があります。他のキズと比べるとやや深いキズなので、少し離れて見てもそれと分かります。また、1弦側の肩の角をぶつけたようで、セル・バインディングが潰れている箇所もあります。ヘッドの4弦ペグ脇辺りにもゴリゴリと擦ったようなキズがありますが、それら以外にはそんなに派手なキズが無いだけに少し目立つ程度ですので、40年間使われてきた楽器として見れば充分綺麗なコンディションと言えるでしょう。光にかざして見れば、上記キズ以外にも細かな打痕や擦り傷などそれなりに入っていますが、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。ネック・ヒールにストラップピンのネジ穴を埋めた跡があり、ストピン嫌いの人は許せないかも、、(笑)。

ネック・コンディションは良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.6mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットにいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8~9割程度の高さが残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

最近では中上位機種以上のモデルはなかなか出てこない稀少アイテムになっています!当時のヘッドウェイの実力が窺えるパワフルで密度の高いサウンドを是非ご体感下さい!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:5831