HEADWAY HD-815 12Strings 1980年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

昭和ヘッドウェイの12弦!!ロー・アクション&ショート・スケールでプレイヤビリティー抜群の1本です!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。1977年創業のヘッドウェイ・ギターはいつの時代もその価格からは想像を遥かに超えるハイ・クオリティーな製品を世に送り出してきた日本を代表する、アコースティック・ギターのトップ・ブランドです。そんなヘッドウェイも1983年に起きた、2度に渡る工場火災に因り、一時期アコースティック・ギターの生産を中止せざるを得ない状況に追い込まれます。その後、多くのファンからの熱い想いに応える形で1999年に復活を遂げ、以降現在に至るまで高品質でハイ・コスト・パフォーマンスな製品を世に送り出しています。今回入荷は工場火災前の1980年製のHD-815。第一期ともいえる昭和ヘッドウェイは実質6年間しか生産されておらず、今なお昭和ヘッドウェイを探しているファンも多い、貴重な時代の1本です!

スプルース単板TOP、ローズウッド/特上カエデ芯合板SIDE、ローズウッド単板BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測47.9mmナット、633mmスケールのHDボディー。12弦という音の跳ね返しの効果からサイド材は敢えて合板とし、ブライトで反応の良いサウンドを実現、弾き易さも考慮しスケールは短めの633mm、PGには本べっ甲が用いられるなど、今となっては考えられないハイ・スペックでコスト・パフォーマンスの高いモデルです!

サウンドは12弦らしい倍音豊かな広がりのあるサウンド!SIDE&BACKはローズウッドなので低音もしっかり出ますが、SIDE合板のお陰で重く鳴りすぎる感じも無く、すっきりとした12弦サウンドをサポートします。スケールが短めな分、音のテンション感もやや柔らかめで耳障りの良い12弦サウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、小キズこそ点在していますが、年式から考えればキズの少ない美品コンディションを保っています!ボディー・トップには米粒大にも満たない小さな打痕がいくつか確認出来ますが、ほとんどのキズが光の反射で見て初めて気付く程度の小さいキズばかりですので、まず気になるような事は無いかと思います。ボディー・サイドの1弦側肩部に1cm弱の引っ掻きキズがあり、塗膜が白くなっているので、ここのキズだけ少し離れて見てもそれと分かりますが、40年前に作られた楽器として見れば、何ら不自然なキズでは無いでしょう。ネックからヘッドに掛けても小キズは散見出来ますが、こちらも取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。ペグはクルーソン・タイプのニッケル・ペグに交換されていて、オリジナルのネジ穴はそのままになっています。ネジ穴の半分くらいはペグで隠れていますが、気になる方は穴埋め修理が必要ですね。。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.4mm、1弦側2.0mm程度と、12弦としてはめちゃくちゃ弾き易いセッティングになっています。サドルにはもう余裕はありませんが、現状でも12弦としてはプレイヤビリティー抜群です。フレットはリフレットされてからまだ間がないようで、気になるような凹みも無く、高さもほぼ10割残っています。

ヘッドウェイ・フリークに限らず、お手頃で高品質な12弦をお探しの方にもオススメのハイ・クオリティーな1本です!

ケースは懐かしの昔の汎用ハード・ケースが付属します。

SN:4426