HEADWAY HD-DLX 2008年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

昭和ヘッドウェイを彷彿とさせるパワフル・サウンド!!2008年限定モデルHD-DLX!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。1977年創業のヘッドウェイ・ギターはいつの時代もその価格からは想像を遥かに超えるハイ・クオリティーな製品を世に送り出してきた、日本を代表するアコースティック・ギターのトップ・ブランドです。そんなヘッドウェイも1983年に2度に渡る工場火災に因り、一時期アコースティック・ギターの生産を中止せざるを得ない状況に追い込まれます。その後、多くのファンからの熱い想いに応える形で1999年に復活を遂げ、以降現在に至るまで高品質でハイ・コスト・パフォーマンスな製品を世に送り出しています。今回入荷は2008年に15本のみの限定で作られたHD-DLX。この頃はまだ現在のようなカスタム・ショップやATBなどの区分けが無く、基本百瀬さんが中心となって他スタッフが分業により製作を進めていました。ブレーシングもまだノン・スキャの物が多く、昭和ヘッドウェイの面影を色濃く残すのもこの時期の特徴です!

ソリッド・レッド・スプルースTOP、ソリッド・パオ・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ノン・スキャロップ・ブレーシング、実測45mmナット、645mmスケールのドレッドノート・ボディー。SIDE&BACKに使われているパオローズとはアフリカ産のローズウッドでアフリカ紫檀とかボリビアン・ローズとかの別名でも呼ばれている材になります。インディアン・ローズウッドより硬く、比重が重いのが特徴です。

そのサウンドは昭和ヘッドウェイを彷彿とさせるようなパンチの効いたパワフル・サウンド!ゴツンッと音が立ち上がり、密度の高いラウドなサウンドを響かせます。かと言って昭和ヘッドウェイほど武骨な感じも無く、芯が太い野太いサウンドながら煌びやかさも兼ね備えたサウンド。フラットピックで搔き鳴らせば、ゴツンと骨太なローに密度の高いしっかりと芯のあるミドル、艶やかで煌びやかなハイなどが混然一体となり、直進性に優れたパワフルなサウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾いても芯のしっかりとした音の分離の良い、美しいサスティーンを伴ったサウンドが得られますので、あらゆるジャンルやプレイ・スタイルでヘッドウェイらしい存在感抜群のサウンドをご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションは、ほとんどキズの無い新品同様の極上コンディションです!10年以上前に作られた楽器とは思えないくらいに新品時の状態を維持しています。PGは塗り込みで、PG上にも塗装が乗っているため、どうしてもピッキング跡が付いてしまいますが、ピッキング跡も光にかざしてよくよく見れば僅かに確認出来る程度です。ボディー・バックにはポツポツと擦り傷に見える箇所がありますが、触ってみると凹んでいる訳では無く、逆にポツポツと塗装が膨らんでいますので、こちらはギブソンなんかに良くある塗装ムラと言うか、埃が噛んだような跡で、新品時からのものと思われます。その他光にかざして子細に眺め回して見てもキズらしいキズ一つ見つからず、ほとんど使用感の無い極美品コンディションを維持しています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側1.5mmと非常に弾き易いセッティングになっています。ここまで弦高を落としても音が全然へたらないのもヘッドウェイの凄いところですね。サドルにもまだ充分な余裕がありますが、、さすがにこれ以上弦高を落とす必要も無いでしょう。フレットはローフレットに少し弦の跡が付いている程度で、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

弾いてみれば驚く事間違いなしのお値段以上のサウンドとクオリティー!このくらいのご予算で出来の良いギターをお探しの方に強力プッシュの逸品です!

ケースはもうちょっと最近のヘッドウェイ・ハード・ケースが付属します。

SN:2695