HEADWAY HF-410 1982年頃

HOLD(現在商談中です)

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

極稀少!!ヘッドウェイ流000-18スタイル、HF-410!!コレクターズ・コンディション!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。1977年創業のヘッドウェイ・ギターはいつの時代もその価格からは想像を遥かに超えるハイ・クオリティーな製品を世に送り出してきた日本を代表する、アコースティック・ギターのトップ・ブランドです。そんなヘッドウェイも1983年に2度に渡る工場火災に因り、一時期アコースティック・ギターの生産を中止せざるを得ない状況に追い込まれます。その後、多くのファンからの熱い想いに応える形で2000年に復活を遂げ、以降現在に至るまで高品質でハイ・コスト・パフォーマンスな製品を世に送り出しています。今回入荷は1982年頃につくられたHF-410。ヘッドウェイ創業時のラインナップはドレッドノート・ボディーしか無く、000スタイルが作られるようになったのは1979年頃から。そしてマホガニー・ボディーのHF-410がランナップに加わるのは81年末~82年初頭の頃からと思われますので、当然残っている個体数も少なく、なかなかお目に掛かれない稀少なアイテムとなっております!

ソリッド・スプルースTOP、ソリッド・マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測43.4mmナット、実測630mmスケールのオーディトリアム・ボディー。000-18スタイルのシンプルな装飾ながら、その精巧な作り込みが随所に垣間見える秀作です!

そのサウンドはバランスが良くマホガニー・ボディーらしい優しく透明感のあるサウンド!昭和ヘッドウェイならではの音の芯の太さは感じますが、武骨さは無く、素直で透明感のあるサウンドを響かせます。同時期の本家マーチンと比べると、やはり音の硬さは否めませんが、その分音の立ち上がりは良く、分離の良いバランスの取れたサウンドかと思います。基音の太さ、全体的なボリューム、素直に爽やかに抜けるサスティーンなど、どれを取ってもこの値段からは想像できないくらいに上質でクオリティーの高いサウンドをご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションは、年式から考えると恐ろしく綺麗な、正にコレクターズ・コンディションを保っています!ペグのくすみや全体的な焼けはありますので、経年感こそ感じますが、キズの類は殆ど無く、年式から考えれば新品同様に近いコンディションかと思います。光にかざして子細に眺めていくと、ボディー・トップのエンド部付近に7mmくらいの長さの極々浅い打痕が1つだけ見つかりますが、その他にはキズらしいキズ一つありません。ジャパン・ビンテージに付きものの塗装の白濁は、よくよく見ればヘッド先端に僅かに兆候が見られますが、言われなければ気付きもしないような僅かな兆候なので、ビンテージ物として考えれば、まず気になるレベルでは無いでしょう。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.6mm、1弦側1.6mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますが、特に1弦側はこれ以上弦高を落とす必要な無いでしょう。フレットの減りもほとんど無く、ローフレットに僅かに弦の跡が付いている程度ですので、9~10割近い高さが残っています。

稀少な昭和ヘッドウェイの中でも特に稀少なHFモデル!しかもこんな綺麗な個体はそうそう無いと思いますので、お探しだった方はお早めにご検討下さい!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:7336