販売済HEADWAY HF-413DX Ver.5 ATB 2016年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

大きな反響を呼んだキューバン・マホを使った超人気シリーズの第5弾!!極美品中古で入荷です!!

1999年のヘッドウェイ復活以降、マスタールシアー百瀬恭夫氏の下でキャリアを積み、特に百瀬氏に認められた数名のスタッフで制作されるアスカ・チーム・ビルト・シリーズ。カスタム・ショップ・モデルも制作する安井雅人氏や降幡新氏を含むATB作品は年々その制度を上げ、今や師匠百瀬氏に肉薄する素晴らしい作品を次々と世に送り出しています!今回入荷はそんなATBチームによるHF-113デラックスのバージョン5。元々は2014年の楽器フェアーに展示された百瀬氏作のキューバン・マホガニー使用のカスタム・モデルが超話題となり、その後アスカ・チーム・ビルトからもリリースされる事になったのがHD&HF-113Deluxe。Ver.1は2014年末に6本づつのみ製作され年明けとともに完売。あまりの反響の大きさにバージョン2、バージョン3と少量での限定生産を繰り返しながら、この人気シリーズも遂にはバージョン6まで作られる事になりました。今回入荷は2016年製のバージョン5。SIDE&BACK材のみじゃなく、ネックにもキューバン・マホガニーが使用されたキューバン・マホ尽くしの逸品です!

アディロンダック・スプルースTOP、キューバン・マホガニーSIDE&BACK、キューバン・マホガニーNECK、マッカーサー・エボニー指板&ブリッジ、フォワード・シフト・スキャロップ・ブレーシング、実測43mmナット、628mmスケールのオーディトリアム・ボディー。バージョンによってネック材やブレーシング・パターンが微妙に違うこのシリーズ。こちらのモデルはキューバン・ネックとフォワード・シフト・スキャロップ・ブレーシングが肝かと思います!

そのサウンドは音のレスポンスが良く、切れのあるマホガニー・サウンド!通常のホンジュラス・マホのサウンドを期待するといい意味で裏切られるブライトで反応の良いサウンドです。マホガニーの持つ軽やかな音の抜けはそのままですが、レスポンスが更に早く、カリッとクリスピーなサウンドになっています。スケールが短い分、HDボディーに比べると音の緩さがあり、ウォーミーな感じも無くはないですが、やはりこの反応の良さとシャープなサウンドはキューバン・マホならではだと思います。フラットピックで掻き鳴らせば、とてもHFボディーとは思えないアタッキーでラウドなサウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾けば、立ち上がりが良く切れのあるサウンドに、スキャロップ・ブレーシングならではのふくよかで広がりのあるサウンドが得られますので、あらゆるジャンルやプレイ・スタイルで、この稀少材のサウンドの醍醐味をご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションは、ほとんどキズの無いほぼ新品同様の極上コンディションです!光にかざして子細に眺めていくと、PG上にピッキング跡が数本確認出来ますが、こちらは塗り込みガード故、致し方ないところでしょう。トップにはそれ以外、キズらしいキズ一つ見当たりません。6弦側のサイドの膨らみ部付近に2㎝程のわずかな擦り傷がありますが、余程注意深く見なければ気付きもしませんし、一度目を離すともう何処だったか分からなくなるくらい些細なキズですので、まず気になるレベルでは無いかと思います。ボディー・バックにも衣服の擦れに因るスレ程度は見つかりますが、こちらも光にかざして見て初めて気付く程度ですので、中古品として考えれば全く気にならないかと思います。ネックからヘッドに掛けてはキズも無く、非常に綺麗なコンディションを保っています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2mm、1弦側1.6mm程度と非常に低い弦高設定になっています。サドルはオリジナルのサドルから違う物に交換されています。オリジナルのサドルも付属していますが、、、恐らく弦高を低くしようとして削り過ぎたのか、オリジナルに戻すと更に弦高が低くなってしまうようです。フレットは2弦のローフレットに僅かに弦の跡が付いている程度で、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

新品も直ぐに完売してしまった超人気モデル!ほぼほぼ新品同様でこのお値段ならお買い得間違いなしの逸品です!

新品時税抜定価¥440.000

オリジナル・ハード・ケース付き