販売済HEADWAY HF-413 STD 2015年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

TOPに一箇所クラック修理有りの為、格安のヘッドウェイ!!お値段を遥かに超えるサウンド・クオリティーの逸品です!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。作りの確かさとサウンド・クオリティー、トータルでのコスト・パフォーマンスに抜群の評価を受ける日本を代表するアコースティック・ギター・ブランドです。そんなヘッドウェイ・ギターにはアジア工場で生産されるユニバース・シリーズから、マスター・ルシアー百瀬恭夫氏が手掛ける完全ワンオフのカスタム・モデルまで、価格帯にして2万円台~100万円超えのものまで様々なモデルが存在しますが、どのモデルを取っても、その価格から考えられるクオリティーを遥かに上回るハイ・クオリティーな製品を世に送り出しています。今回入荷はスタンダード・シリーズの1本。オーソドックスな000-18スタイルながら、お値段からは考えられない完成度の逸品です!

ソリッド・シトカ・スプルースTOP、ソリッド・アフリカン・マホガニーSIDE&BACK、アフリカン・マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、フォワード・シフト・スキャロップ・ブレーシング、実測43.1mmナット、628mmスケールのHFボディー。

そのサウンドは軽やかに抜ける美しいマホガニー・サウンド!レスポンスの良い出音にマホガニーらしい素直で透明感のあるサスティーンが絡み、爽やかでいてウォームなマホガニー・サウンドをお楽しみ頂けます。フラットピックで搔き鳴らせば、000サイズのボディー感からは考えられないくらいのボリューム感たっぷりなサウンドを響かせますので、路上やがなり系のプレイヤーのメイン・ギターとしても充分使えます。フィンガーで爪弾けば、マホガニーならではの甘く透明感のあるサウンドで、うっとりとするような癒しのサウンドをお楽しみ頂けます!

楽器のコンディションは、キズの類はほとんど見当たりませんが、残念な事にトップに1か所クラック・リペアー跡があります。恐らく乾燥に因りトップが割れてしまったようで、1弦ブリッジ下からエンド部までクラックが入り接着修理されています。しっかりと接着され、裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありません。使われている木材の性質上、ここにクラックが入りやすいようで、ブックマッチで開かれた6弦側の同じ個所にもうっすらと塗装のクラックが入っていますが、こちらは木部までは達していません。クラック修理以外は、キズの類はほとんど無く、非常に綺麗な状態を維持しています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.3mm、1弦側1.9mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットの減りもほとんど無く、ほぼ10割の高さが残っています。

10万円で手に入るギターとしては最上級のサウンド・クオリティーかと思います!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:S00216