販売済HEADWAY HJ-580SQM/E PROTO 2017年頃

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

目にも鮮やかなキルト・メイプルを使ったHJ-580のプロト・タイプ!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。作りの確かさとサウンド・クオリティー、トータルでのコスト・パフォーマンスに抜群の評価を受ける日本を代表するアコースティック・ギター・ブランドです。そんなヘッドウェイ・ギターにはアジア工場で生産されるユニバース・シリーズから、マスター・ルシアー百瀬恭夫氏が手掛ける完全ワンオフのカスタム・モデルまで、価格帯にして2万円台~100万円超えのものまで様々なモデルが存在しますが、どのモデルを取っても、その価格から考えられるクオリティーを遥かに上回るハイ・クオリティーな製品を世に送り出しています。今回入荷は2016年より生産が開始されたジャパン・チューンナップ・シリーズの1本。ジャパン・チューンナップ・シリーズとは、アジア工場で組み上げられたギターをヘッドウェイ国内工房の職人たちが文字通り”チューンナップ”を施すことにより、より使いやすく、洗練したギターへと昇華させたハイ・クオリティー&ロー・プライスを実現させたコストパフォーマンスに優れたシリーズです。今回入荷の個体はプロト・タイプとして作られた1本。合板とは言え杢目フェチには堪らないギラッギラのキルト・メイプルがそそる1本です!

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・キルト・メイプルSIDE&BACK、ナトーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、スキャロップ・ブレーシング、実測43mmナット、628mmスケールのラウンド・ショルダー。製品化されたHJ-580SE(税抜定価¥80.000)はSIDE&BACKはラミネイトのサペリとして製品化されました。そのスペックに落ち着くまでの別材の1本かと思われますが、見た目はキルト・メイプルの方が俄然高級感がありますね!

サウンドは反応が良く豪快に鳴るヘッドウェイ・サウンド!アジア工場製の音の粗さは否めませんが、それがかえってギブソン風なサウンドになっていてGoodです(笑)。ATBや百瀬さんが作るサウンド・クオリティーとは比べるべくもありませんが、このお値段から考えれば充分合格点のサウンドかと思います。フラットピックで掻き鳴らせば、メイプル・ボディーらしいカリッとクリスピーな音の立ち上がりに充分なサスティーンを伴ったラウドなサウンドが得られますし、フィンガーで爪弾いてもメイプルらしい粒立ちが良く音の分離の良いサウンドが得られますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わず、オールマイティーにお使い頂けるサウンドかと思います。また、こちらのモデルにはFishamanのIsys+ピックアップ・システムが搭載されていますので、ライブやレコーディングにも即戦力です。ベテランの方のぷらっとライブ用のギターとしても充分使えるクオリティーですよ!

楽器のコンディションは、ほとんど使用感の無い新品同様の極上コンディションです!子細に眺め回して見てもキズらしいキズ一つ見つかりません。死ぬ気で探せばスレくらいはあるのかも知れませんが、カラーリングとギラギラの杢目に隠れてまず分かりません。ボディー・トップのブルーが少し退色している辺りに僅かな経年感は感じますが、これはこれでフェンダーで言うところのレイクプラシッド・ブルーみたいでカッコいいですよね!

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.3mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットの減りも無く10割の高さが残っています。

見た目もキャッチーなお手軽エレアコ!初心者の方からベテランの方までオススメ出来る「お値段以上ヘッドウェイ」です!

専用ギグ・バッグ付き