HEADWAY HJ-LB ATB 2011年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ヘッドウェイ流ギブソン・ラウンド・ショルダー・インスパイヤ・モデルHJ-LB!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。作りの確かさとサウンド・クオリティー、トータルでのコスト・パフォーマンスに抜群の評価を受ける日本を代表するアコースティック・ギター・ブランドです。そんなヘッドウェイ・ギターにはアジア工場で生産されるユニバース・シリーズから、マスター・ルシアー百瀬恭夫氏が手掛ける完全ワンオフのカスタム・モデルまで、価格帯にして3万円台~100万円超えのものまで様々なモデルが存在しますが、どのモデルを取っても、その価格から考えられるクオリティーを遥かに上回るハイ・クオリティーな製品を世に送り出しています。今回入荷は、百瀬氏の下で腕を磨いてきたお弟子さんの中から、特に秀でた技術を持つ数名で結成されたアスカ・チーム・ビルトにより制作されたHJ-LB ATB。現在では生産コストの関係から実質ディスコン状態となっていますが、価格やクオリティー、サウンドどれを取っても大納得の秀作モデルです!

ソリッド・シトカ・スプルースTOP、ソリッド・ホンジュラス・マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、マダガスカル・ローズウッド指板&ブリッジ、実測43mmナット、628mmスケールの16インチ・ラウンド・ショルダー。レクタンギュラー・ブリッジやファイヤー・ストライプ柄のPGなど、ギブソンJ-35からインスパイアを受けたモデル。指板&ブリッジには稀少材のマダガスカル・ローズウッドを採用するなど、現在ではとても考えられないスペックと価格を実現させた名モデルです!このHJ-LBに限らず、HJ-HOBOやThe HONKなどなど、ヘッドウェイが提供するギブソン風モデルはどれも完成度が高く、今なおリクエストの多い人気モデルです!

そのサウンドは、ヘッドウェイらしい反応が良く立ち上がりの良いラウドなサウンドの中に、ギブソン風な少し荒削りな感じも上手く表現されていて、HD-115などのいわゆるマーチン・スタイルとはまた一味違った魅力あふれるサウンド!やはりラウンド・ショルダーの14フレット・ジョイントというのはサウンドに影響を与えるのか、音そのものはヘッドウェイらしい質の高いサウンドながら、どこか荒々しさも感じられる、正に「ギブソン風ないい音」に仕上がっています!フラットピックでかき鳴らせば、ザクザクとしたエッジ感のあるパワフル・サウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾けばギブソンとはまた違う透明感のある美しいサスティーンを伴った煌びやかなサウンドを奏でます!

楽器のコンディションは、ちょこちょことしたキズは点在していますが、中古品として考えれば充分綺麗な美品コンディションを保っています!ボディー・トップには光でかざして見れば分かる程度のコツコツとぶつけたような米粒大の打痕やピッキング跡なんかもそこそこありますが、いずれのキズもコツンとぶつけた程度で浅いキズばかりなので、パッと見には全然気にならないかと思います。ボディー・サイドやバックにもいくらかの擦り傷やスレなどがありますが、こちらも取り立てて気になるような大きなキズは有りません。ネックの4フレット裏の6弦寄りに8mmほどのぶつけキズがあり、こちらは表面がペコッと少し凹んでいるので、気にする人は気にするかも、、、しかし演奏上引っ掛かったり邪魔になるような事は無いかと思います。その他ヘッドにも弦で撫でたような擦り傷等ありますので、新品同様とは言えませんが、トータルで見れば充分美品コンディションと言えるかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側2.0mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにももう少し余裕があります。フレットの減りは殆どなく、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

現在では実質上生産完了の秀作モデル!お探しだった方はお早めに!お値段以上ヘッドウェイです(笑)!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:A00130