HEADWAY HN-JET BLACK ATB 2018年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

2018年楽器フェアー出展作品が早くも新品同様の極上コンディションで入荷しました!!

作りの確かさとサウンド・クオリティー、トータルでのコスト・パフォーマンスに定評のあるヘッドウェイ・ギター。特に近年のATB(アスカ・チーム・ビルト)はぐんぐんと成長を続け、今やマスター・ルシアー百瀬氏の作品に肉薄するほどの出来の良い作品を作り出しています!今回入荷は2018年10月に開催された楽器フェアーに出展されたHN-JET BLACK。ほとんど未使用の極上コンディションでの入荷です!

ソリッド・シトカ・スプルースTOP、ソリッド・インディアン・ローズウッドSIDE&BACK、ホンジュラス・マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ARSスキャロップ・ブレーシング、実測44.2mmナット、628mmスケールの12フレット・ジョイントのニューヨーカー・スタイル。まず目を引くのがそのルックス。漆黒の夜をイメージした全身を覆い尽くすジェット・ブラック・フィニッシュに幾何学模様を組み合わせたサウンドホール・ロゼッタやPGのヘッドウェイ・ロゴ、菱形のポジション・マークやロープ・バインディングなどが組み合わされ、何とも前衛的なデザインになっています。それなのにボディー・スタイルはクラシカルなニューヨーカー・スタイルで材の組み合わせもスプルース/ローズウッドと王道の組み合わせ。布袋さんが弾いていそうなこの前衛的でアバンギャルドなルックスと、オーソドックスでクラシカルなスペックのギャップがこのモデルの魅力と言えるでしょう!

そのサウンドは12フレット・ジョイントならではの甘く奥深い余韻が美しい癒しのサウンド!ヘッドウェイらしい立ち上がりの良い出音に12フレット・ボディーならではの中低域の奥深いリバーブ感が加わり、バランスが良く懐の深いサウンドを響かせます。この手のギターは、あまりストロークで掻き鳴らすような使い方には向いてないと思いますが、音圧感、音量感はサイズ感以上のものがありますので、歌モノのバックなんかでストロークするような使い方なら充分に使えます。フィンガーで爪弾いた時のサウンドは秀逸で、艶やかでコリッと粒立ちの良いサウンドに、奥行きの有るサスティーン、リバーブ感が加わり、12フレット・ジョイントならではのうっとりするような美しい音色をご堪能頂けます!通常12フレット・ジョイント&スロット・ヘッドになるとナット幅は47mmくらいのモノが殆どですが、44.2mmと普通のギター感覚で演奏できるのも嬉しいポイントかと思います!

楽器のコンディションはほとんど使用感の無い新品同様の極上コンディションです!ヘッドウェイのギターはPGが塗り込みになっているものが多く、そうするとどうしてもPG上にはピッキング跡が付いてしまうものですが、、こちらの個体もPGは塗り込みですが、PG上にピッキング跡すらありません。目を皿のようにして意地悪く粗探しをすると、ボディー・バックに衣服で擦れたような僅かなスレ程度は発見出来ますが、トータルで見ても充分店頭展示品レベルの美しさを保っています!

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.1mm、1弦側1.4mm程度と究極に低いセッティングになっています。こんなに弦高を落としてもビビらず、音のテンション感も変わらない所もヘッドウェイの凄いところですね!サドルにもまだ余裕がありますが、、、これ以上弦高を落としたいという方も居ないでしょう。逆に弦高を上げたい場合は、ヘッドウェイ純正のサドルに交換してのお渡しも可能です。フレットの減りも無く10割の高さが残っています。

新品でのご購入を検討中の方にも自信を持ってオススメ出来る、まんま新品状態の掘り出し物です!

新品定価¥334.800

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:A01915