HEADWAY HOM-115DB Ⅰ 2019年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

年々進化を遂げるATB作品の最近作!!ディープ・ボディーHOM-115DB!!

信州松本に工場を構えるヘッドウェイ・ギター。作りの確かさとサウンド・クオリティー、トータルでのコスト・パフォーマンスに抜群の評価を受ける日本を代表するアコースティック・ギター・ブランドです。そんなヘッドウェイ・ギターにはアジア工場で生産されるユニバース・シリーズから、マスター・ルシアー百瀬恭夫氏が手掛ける完全ワンオフのカスタム・モデルまで、価格帯にして2万円台~100万円超えのものまで様々なモデルが存在しますが、どのモデルを取っても、その価格から考えられるクオリティーを遥かに上回るハイ・クオリティーな製品を世に送り出しています。今回入荷はカスタム・ショップに次ぐハイエンド・ライン、アスカ・チーム・ビルト・シリーズのHOM-115DB Ⅰ

。2019年の限定生産モデルとして発売されたモデルですが、ATB作品は年々クオリティーを上げ、今や師匠百瀬作にも引けを取らない素晴らしい作品を次々と世に送り出しています!

ビンテージ・レッド・スプルースTOP、マダガスカル・ローズウッドSIDE&BACK、ホンジュラス・マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、セミ・リア・シフト・スキャロップ・ブレーシング、43mmナット、648mmスケールのOMディープ・ボディー。通常のOMボディーのアウトラインで抱え易さを追求しながらも、117mmのボディー厚で音量、音圧を稼ぐ試みがされたこのモデル。648mmスケールと通常のOMよりも更にロング・スケールになっている点もそのサウンドに欠かせないファクターになっているようです!

サウンドはレスポンスの良さと深い鳴りが共存したふくよかでダイナミックなサウンド!音だけ聞いているととてもOMサイズとは思えない、中低域に深みと立体感のあるサウンドを響かせます。OMらしい反応の良い出音に、ボディーの中を一周してきたような深いリバーブ感が加わり、何とも言えない独特なバランスのサウンドです。サウンド・バランス的には、強いて言うなら16インチくらいのスモール・ジャンボとかセミ・ジャンボとか呼ばれるひょうたん型のギターのサウンド・バランスに近いように感じます。でも抱え心地、弾き心地はOMと何ら変わりない感覚で、なんとも狐につままれたような不思議な感覚を覚えます(笑)。フラットピックで掻き鳴らせば、中域が厚めの塊感のあるダイナミックなサウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾けばディープ・ボディーならではの奥行きのあるサスティーンが余韻を残す、美しくも深いサウンドが得られますので、あらゆるジャンルやプレイ・スタイルで個性あふれるサウンドをご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションはいくつかポチキズがありますが、全体的には新品同様に近い綺麗なコンディションを保っています。ボディー・トップの1弦側ブリッジ横に3mm径くらいの打痕があり、塗膜が少し凹んでいますので、見る角度によってはやや目立ちます。1弦側肩部にも2mmほどの線状のキズがありますが、こちらは光の反射でよくよく見て初めて気付く程度です。また、6弦側の肩部に1.5mmほどのポチキズが1つあり、塗装が白くなっているのでこちらも少し目立ちます。それ以外はボディー・バックに僅かなスレがあり、ヘッドの角にもほんの少し擦ったような跡がありますが、こちらは言われても分からない人は分からない程度の些細なモノです。トップとサイドにやや目立つポチキズが1つづつ有る以外は、ほぼほぼ新品同様と言える美品コンディションを保っています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットは2弦を中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8.5割程度の高さが残っています。

結構話題になったディープ・ボディー。気になってた方にはチャンスの出物中古ですよ!

新品時定価¥462.000

ケースはオリジナルのハード・ケースが付属しますが、取っ手の革巻きが一部ほつれています。が、芯の鉄板はしっかりとしていますので、持ち運び等には何ら問題はありません。

SN:A01917