Juan Hernandez Friedrich USED
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

まるでエレキのような弾き易さ!!限界まで弦高が下げられたホアン・エルナンデス、フレドリッシュ・モデル!!

クラシック・ギターの本場スペイン、ヴァレンシアに工房を構え、少人数の職人により作り出されるホアン・エルナンデス。そんなエルナンデスを日本に輸入するクロサワ楽器さんがオーダーして生まれたダニエル・フレドリッシュ・モデルが入荷しました!日本輸入時の荷崩れによりトップにクラック修正跡があり、ヘッドは前オーナーの方の遊び心で手が加えられている為、中古相場からも逸脱した超破格値でのご提供です!

ソリッド・シダーTOP、ソリッド・インディアン・ローズウッドSIDE&BACK、エボニー指板、ローズウッド・ブリッジ、実測52.7mmナット、650mmスケール。フランスの名工ダニエル・フレドリッシュを忠実に再現したモデルです。ダニエル・フレドリッシュはロベール・ブーシェや演奏家プレスティー&ラゴヤなどの助言を得て、1967年にはリエージェ・ギター製作コンクールで銀賞を受賞、70年代にはパリ大学音響研究室でギターの音響分析研究に携わり、独自の手法、構造を完成させたフランスを代表する名工です。

サウンドは奥行きと深みのある美しい音色。輸入元のクロサワ楽器さんの表現を借りると、「フランス楽器特有の憂いのある音色を見事に再現してており、香り立つような甘さが魅力」との事ですが、正直門外漢の私にはそこまでは判りません(笑)。ただただいい音という事は判りますが、、(汗)。バウンと弾むような低音に、奥行きと深みを感じる中域、艶やかで伸びのある高音などが混じり合い、確かに高級楽器でしか味わえない色気と艶を感じます。ハイフレットまで移行しても音の芯は細くならず、プリッと艶やかな音色を響かせますので、あらゆるプレイ・スタイルで魅力溢れるサウンドをご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションは、全体的にはキズの少ない美品コンディションを保っていますが、ボディー・トップに2本のクラック修正跡と、ヘッドに改造が見られます。ボディーのクラックは、新品入荷時に輸送事故でクラックが入ってしまったそうです。1弦側のブリッジ・エンドからボディー・エンドまでクラックが入り、そのすぐ横にもう1本、4cmほどのクラック修正跡があります。修理自体は、日本入荷後、本国に送り返され、エルナンデス工房で修理されたそうです。それぞれしっかりと接着され、表面も綺麗に研ぎ出されていますので、触った感じもガサツキはほとんど無く、見た目も角度によってはほとんど分からなくなります。裏からは補強のパッチも丁寧に貼られていますので、強度的な心配も無いでしょう。

そしてこちらのギター、前オーナーの方が新品でご購入後、某工房にてヘッドに細工がなされています。本家フレドリッシュの洒落たヘッド・デザインに倣い、ヘッド・トップの面1面が掘り下げられています。デザイン的にはフレドリッシュ・デザインを忠実に再現していますが、塗膜は剥がされてヘッド・トップのみ艶消しの木地になっています。色んな画像見てみると、フレドリッシュさんのも艶消しに見えるので、これはこれでリアルなのか?

その他は、ちょっとした打痕やスレが散見出来ますが、ほぼほぼ新品時の状態を維持しています。

そして特筆すべきは弦高!サドルを限界まで下げていて、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側2.0mm程度とクラシック・ギターのセッティングとしてはあり得ない究極のロー・アクション・セッティングになっています。それでもネック・コンディションは真っすぐ良好なので、普通に弾く分にはビビリは出ません。強く弾いたり、弾き方によってはやはりもう少し弦高を上げた方が良いと思いますので、ご希望があれば新たにサドルを作成し、ご指定の弦高にセッティング後のお渡しも可能です。フレットの減りも無く、ほぼ10割の高さが残っています。

本格的なクラシック奏者にも充分通用するクオリティーの高いモデルですが、普段エレキやアコギがメインのプレイヤーには超絶弾き易いセッティングになっていますので、その手のプレイヤーの「ちょっといいクラギ」としてもオススメの1本です!

新品定価¥770.000

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。